FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

≫ EDIT

『その日のまえに』

重松清さんの小説を初めて読みました。『その日のまえに』という本です。




短編集ですが、すべてが最後の3部作につながっています。最後の3部作は読みながら、涙が後から後から流れてきました。
1篇以外は死にゆく愛する人を見守る家族からの視点で書かれています。淡々と書かれています。だからこそ、なおさらに心に染みこんでくるのかもしれない。

心に残った言葉を3カ所転載します。

息子が生まれてまもなく父親を亡くした母一人子一人の家族。その母親が癌宣告を受けた息子の言葉。

母ちゃんがいて、俺がいれば、世界中どこでも「わが家」になるのかもしれない――たとえそこが、病室であっても。


お盆の花火のキャッチコピー(考えたのは、友人を癌で亡くした男性)

お盆の花火。それは大きな迎え火です。ふるさとを出て行ってしまったひと。会いたくてもなかなか会えないひと。もっと遠くの世界に旅立ってしまって、もう二度と会えないひと。・・・・・・そんなひとたちをしのんで、夜空に大きな迎え火を焚きたいと思っています。


癌で亡くなった妻が夫に遺した手紙(亡くなって3ヶ月後に手渡される。何回も書き直した手紙)。そこにあったのは、一言だけ。

忘れてもいいよ


特にこの「忘れてもいいよ」には涙が止まりませんでした。
この言葉を読んで思い出したのが、三浦綾子さんの『道ありき』に書かれていた次の一節。

(三浦綾子さんは三浦光世さんと出会う前に、前川さんという恋人がいましたが、肺結核で35歳で召天。その彼が綾子さんへ宛てた遺書。)

「綾ちゃん お互いに精一杯の誠実な友情で交わって来れたことを、心から感謝します。綾ちゃんは真の意味でわたしの最初の人であり、最後の人でした。綾ちゃん、綾ちゃんは私が死んでも、生きることを止めることも、消極的になることもないと確かに約束して下さいましたよ。
-中略-
決して私は綾ちゃんの最後の人であることを願わなかったこと、このことが今改めて申述べたいことです。生きるということは苦しく、又、謎に満ちています。妙な約束に縛られて不自然な綾ちゃんになっては一番悲しいことです・・・」



生きている以上、私たちはみんな誰もが「その日」を迎えます。それまでの当たり前の平凡な日常は、本当は輝いているんだっていうこと、忘れないでいたいって思います。

| | 19:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

学んでいることの証

次男の通う高校の「人権だより」に掲載されていた生徒の詩を転載します。

一日

同じ一日を過ごすなら
楽しい一日を過ごしたい
同じ一日を過ごすなら
誰かの喜ぶ顔が見たい
同じ一日を過ごすなら
みんなが平和に暮らせることを祈りたい
みんな同じ大切な一日だから



この詩を読んで、これが学んでいることの証なのだろうなって思いました。

| 子育て・教育 | 20:49 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴミ当番

「ルールには素直に従うが、そのルールが正しいかどうかは考えない」
「決められたルールには素直に従うが、ルールを決めた人が公正で正直かどうかは考えない」


日本人にありがちなこととして、上のようなツイッターがありました。


このツイッターを読んで思ったのが、私の住む地域のこと。どうでもいいことなのですが、ずっと「おかしい」と思っていることがあります。愚痴になります。


私の住む町は燃えるゴミの日以外に、資源ゴミの日が月に2回、それ以外のゴミ(不燃ゴミや小型家庭電化製品等)は月に1回。

その燃えるゴミの日以外にはゴミ当番というのがあり、このゴミ当番のルールがあまりにも馬鹿げています。
ゴミ収集日の前日午後4時~6時の2時間、「指導」当番をすること。
収集日当日の朝7時から収集車が来るまで、当番として立つこと。

ゴミの分別が始まってもう何年も経っているのに、どうして「指導」当番が必要なのか。
私が住んでいるあたりは、農家の人や働いていない主婦の方が多いようなのでそういうこともできるかもしれませんが、前日2時間、当日1時間、働いている人や小さな子どもがいる人にはできません。
しかも、夏の暑い日中にそんなことをすれば、熱中症の危険もあります。
私は冬に当番に当たったときに、寒空の下2時間当番をして、風邪を引いてしまいました。

私はそんなルールはおかしいと思っているので、近くに住む人と話す機会があったときに、「あのルールはおかしいから、2時間もゴミ当番に立つ必要はないよね」と話しました。

するとその方は、「ルールだから・・・」と一言。

ルールはルールでも、こんなルールには真面目に従う必要はないのではないかって思います。
後片付けが必要なら、収集のある前後15分ほどか、その日のうちにすればいいことなのでは。

負担に感じている人や、おかしなルールと思っている人もいると思うので、「ルールを見直しませんか」という声もあるかと思うのですが、もう何年も変わっていません。

私は働いているので、草抜きや落ち葉集めなどの当番仕事だけして、こんな達当番はできないし、していません。
「あの家の人は立ち当番をしていない」って言われているかもしれないけれど、まずは、ルールの見直しをしてほしいです。

| ひとりごと | 21:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『子どもの貧困』

「早寝 早起き 朝ご飯」。小学校や幼稚園で推奨されます。これは子どもには良いことだと私も思います。そして、親として心がけなければいけないことだと。

でも、『子どもの貧困』という本を読んで、どの家庭でも当たり前にできることではないということを知りました。

「早寝、早起き、朝ご飯の家庭は、子どもの成績が良いから、各家庭で早寝、早起き、朝ご飯を心がけてください」といわれています。しかし、逆の見方もあります「早寝、早起き、朝ご飯」というような規則正しい生活を子どもに与えられるような恵まれた家庭環境だから、成績も良いのではないでしょうか?


そう、この本の著者は書いています。
「『早寝、早起き、朝ご飯』というような規則正しい生活を子どもに与えられるような恵まれた家庭環境」
という言葉が衝撃でした。当たり前と思っていたのですが、それは「恵まれた家庭環境」。

どういうことか。著者の言葉を続けます。

 世の中には、早寝や早起き朝ご飯が物理的にできない家庭がたくさんあるのです。

 深夜まで働いたり、夜勤をしなければならないひとり親家庭は、どうやって子どもに早寝をさせればいいのでしょう? 子どもに寝て欲しい時間には家にいられないのです。仕事が終わって、家に帰れるのは夜の9時や10時、そこから夕飯を作って食べさせて、子どもはようやく帰ってきたお母さんと話したくて、どうやったって夜更かしになってしまいます。早寝早起きをさせようとしたら、子どもと話す時間はほとんどなくなってしまうのです。



また、家庭学習について。経済的に厳しく塾に行く余裕がなければ、家で勉強すればいい。そういう声もある。でも、「家では学ぶ場所がない子どもがたくさんいます。」と著者は言います。

経済的に厳しいから、十分な広さのある家を借りられない。
例えば、母親と小学生、幼稚園の子どもの三人家族の住まいは6畳の1K。落ち着いて勉強するのが難しいことは容易に想像できます。


先月でしたでしょうか、大阪市長が「全国学力テストの結果を教員給与や学校予算に反映させる」と愚かすぎる発言しましたが、子どもを取り巻く環境をどれだけ分かっているのかと思います。

親の収入に関わらず、子どもが安心して成長できる、学べる社会、夢や希望を持てる社会になってほしい。

子どもの貧困 未来へつなぐためにできること子どもの貧困 未来へつなぐためにできること
渡辺 由美子

水曜社 2018-05-21
売り上げランキング : 5950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 子育て・教育 | 20:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャンドルナイト

89回目のキャンドルナイト。

岩手県に住む漁師さんによると、まだまだ課題は山積みということです。
「震災前の個人と世帯所得が震災前の3分の1に激減。 災害公営住宅に入居した人も、国民年金(年間68万円)だけでは家賃が払えず、生活保護申請が増えているのです。とにかく、被災者に寄り添った復興策にして欲しいのです。」


あの日から7年5ヶ月の今日、新聞の第一面に「中国電力 島根3号機 審査申請  震災後初『新設』の可能性」との記事。
その島根3号機は国内で唯一都道府県庁所在地にあって、30キロ圏内に約47万人が住み、事故時の避難計画にも課題があるそうです。その30キロ圏内には鳥取県や出雲市などがあるのに、地元同意の対象としたのは、島根県と松江市だけ。

あの福島原発事故で何も学ばなかったのでしょうか。

8月6日の「折々のことば」
いったん暴力に屈した思想は、もはや判断するすべをわきまえぬまでになる。(アラン)

「暴力」という言葉を、この国の首相に置き換えてみたくなります。

| 世の中のこと | 20:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「宇宙戦艦ヤマト2202 第6章 回生篇」

「宇宙戦艦ヤマト2202 第6章 回生篇」の30秒弱の映像がアップされました。



第5章はヤマトが彗星帝国へと落下していくところで終わりました。シナリオでは次のように書かれていました。

都市帝国の内宇宙に落下してゆくヤマト
ガトランティス艦隊の砲撃が始まる。
たちまち火だるまになるヤマト。

地獄の窯の底に墜ちてゆくヤマト。



それでもヤマトが無事なのは分かってはいるけれど、どんな状態になっているかがとても気になっていました。
土方艦長が「総員退艦」と言って、乗組員が走っているので、みんな無事のようです。


銀河の藤堂艦長が
  「地球人類が生き残るために。
   ヤマトの遺伝子をこの艦(ふね)に。」
と言っているのですが、ヤマトから何かを吸い取るの?
それとも、ヤマトの乗組員を銀河に収容するっていうこと?
だから、その後、包帯を頭に巻いた真田さんが新見さんと一緒にいる?


それにしても、この映像を見る限り、今回も古代君の活躍はあまり期待できないような気がします。
そして、ヤマト自体が銀河の脇に回ってしまうのではないかという不安・・・。
がんばれ!古代君!

6章

| 宇宙戦艦ヤマト | 19:10 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪ 銀河街の悪夢 ♪

先月に初めてセカイノオワリが歌うのをテレビで観て以来、彼らの音楽をよく聴いています。先日、図書館で借りたCDを聴いていました。じっと聴いていたわけではなく、何かをしながら聴いていたのですが、ある一つの歌に聴き入ってしまいました。そして、その歌詞とメロディーに涙が出そうになりました。



この歌はボーカルの深瀬さんの実体験を元に深瀬さん自身が作った曲だそうです。
彼は一時期パニック障害となり、精神病棟に入院していたそうです。またその病気のために飲んでいた薬の副作用にも苦しんだそうです。また、その頃にADHDだとも診断されたそうです。

初めてテレビで彼が歌うのを観たときに、その雰囲気に親しみというのか、守ってあげたくなるようなというのか、私の子どもにどことなく似通うものを感じたのですが、深瀬さんのそういうところが、私にそんな思いを感じさせたのでしょうか。


♫ 歌詞の一部(歌詞の全部はこちら)

明日を夢見るから 今日が変わらないんだ
僕らが動かせるのは今日だけなのさ
今日こそは必ず何かを始めてみよう
応援はあまりないけど頑張ってみるよ

明日を夢見るから 今日が変わらないんだ
僕らを動かせるのは自分だけだろう
そんなことわかってるんだろう
強くなれ僕の同志よ





上に書いていることと全く関係ありませんが、ちょっとへこんでいるというのか、自分の情けなさを痛感しています。

何か失敗をしたとか、何かを言われたというわけではないのですが、仕事の上で、私は少し傲慢だったのではないかと・・・。今も心がバクバクしています。

独身時代にもあることがあって、今感じているのと同じような状況がありました。こういう言い方は語弊があるかもしれませんが、神様にダイレクトに語られている・・・。

もっと謙遜にならなくては。

| ひとりごと | 19:14 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT