FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

父を想いながら

 父が旅立ってから16日。まだまだ思い出すことは多いです。特にベッドの上で命の鼓動が止まった父の姿は今でも鮮明で。

 脈拍、血圧、酸素、呼吸をチェックするモニターをつけていたのに、急変すれば分かるはずなのに、病院からの電話は「心臓が止まっています。延命治療はしないんですよね」というものでした。

 心臓が止まる前に、どうして分からなかったのか。兆候はあったはずなのに、どうして誰も気づかなかったのか。
 父が一人ベッドの上でこの世での命を終えた姿を思うと、病院の対応がどうしても納得できなくて、悔しさだけが募ります。

 私自身がその日に父のお見舞いに行っていれば・・・。
 行かなかった自身の薄情さもあいまって、父が天国にいるとは分かっていても、神様の時だったと分かってはいても、その生涯の最期に傍にいてあげられなかったことが、どうしようもなく辛い。

 
 あるブログを読んでいて、書かれていたのは全く別の話題なのですが、そこに書かれていたのは、まさしく私に当てはまるなって。
 日本人の病理ともいえる理由なき楽観主義、無責任体質、そして現実を直視しない心性。
 全くその通り。医者がもって2~3ヶ月ではないか、と言っていたけど、父の様子からそんなことはないだろうと勝手に思いこみ、父を神戸から近くの特養に来て貰ったのに、月に数回しか会いに行かない無責任さ。「100歳まで生きるんだ」って言っていた父を、「本当に100歳まで生きるんじゃないかな」って、父の現状を直視しなかった。

 
 12歳の時に母親に道路脇に捨てられたという悲惨な経験をしたけれども、今や世界最大の教会学校となった「メトロ・ワールド・チャイルド」の創設者が次のように言っています。
 
 「気分が向かないからといって何もしないなら、私にできることはわずかしかないでしょう。しかし、感情を超えて人を動かすものは献身です。それを理解して自分の歩みに適用するなら、人生で味わう恐ろしい出来事も乗り越えることができるのです。それは誰でも同じです」

 ここで「献身」と語られていますが、これは「愛」とも言えると思うんです。その「愛」が私には足りなかった。それを認めるのは辛い。でも、父が教えてくれた大切なレッスン。無駄にはしない。

| ひとりごと | 20:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪「いのちの歌」

料理をするとき、音楽をよくかけます。今日かかっていた音楽に竹内まりやさんの「いのちの歌」がありました。



この歌もいいですよね。今のこの時なので、涙ぐんでしまいますが。


歌詞の一部を転載。

♪ 本当に大事なものは隠れて見えない
  ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

  いつかは誰でも この星にさよならをする時が来るけれど
  命は継がれてゆく
  生まれてきたこと 育ててもらえたこと
  出会ったこと 笑ったこと
  そのすべてにありがとう
  この命にありがとう



「ささやかすぎる日々の中に かけがえのない喜びがある」

その通りで、分かっているはずなのに、ついつい忘れてしまう。
でも、それでもいいんだって思う。
忘れても、きっとまた思い出せるから。
忘れないでいられたら、そのほうが勿論いいけれど。

でも、
「ありがとう」
この想いは忘れないでいたい。

| ひとりごと | 19:04 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安けさを

その時は風の姿で逢いにいく

 朝日新聞の地方欄の柳壇の一句目に掲載されていました。
 この句を読んで、父のことを想いました。

 私自身のこと、病院のあり得ない対応を考えると、悔しさがまだまだ大きい。当分引きずりそうで・・・。

 色んな想いがやってくるけど、イエス様と共にいるのだから。

 すべて安し 神共にいませば


♪ 安けさは川のごとく ♪


| ひとりごと | 19:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出

長田弘さんの詩より一部転載

存在というのは、とても静かなのもだと思う。
人は、誰も生きない、
このように生きたかったというふうには。
どう生きようと、このように生きた。
誰だろうと、そうとしか言えないのだ。



 今日は父の遺品を整理していました。
 父は実によく日記を書いていて、大学ノートにびっしりとその日の出来事や父の思いをしたためていました。ノートがないときには、便箋や封筒や広告紙の裏側にびっしりと。

 そのうちの一部を読みました。
 父の人生は、苦労ばかりの人生だったと傍目には見えたと思います。私もそう思っていました。でも、父はそう悲観はしていなかったようです。

 私にとっては、昭和20年の苦しみがあったから、決心がついていた。短い時間で私の家族は8人から4人と半分になっていた。どのような辛いことも、あの苦しみがあったから、我慢出来ると考えた。

 良い人生だったかは・・・私はよかったと思う。
 
 そうしたためている父の思いは、父が書いたこの色紙にも表れていると思います。

IMG_20190703_141948.jpg
山のかなたに幸いすむと人はいう
人生に試練はつきもの・・・
幸いを求めて”百”までがんばろう
人生に終わりはない
くいのない人生を送ろう
まだまだ人生は道の途中だ



平成28年7月26日



 父がまだ元気だった頃、神戸から時々子どもの面倒を見に来てくれました。その時に毎回父が背負っていたリュックとかばん。一番びっくりしたのが、仕事から帰ってきたら父がいたこと。何の連絡もなく突然にやってきた父。「連絡ぐらいしてよ!」と言ったら、「したつもりやけど・・・」。

 今となっては本当に懐かしい。

かばん 

| ひとりごと | 19:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

また会う日まで

喧嘩をしたし、
つっけんどんな態度もとった。

「もう、うるさいな」
「細かいんだから」
そう思ったことは、何回も。

住み慣れた神戸から香川に来てくれて
とても近くにいたのに、

お決まりのように
「いつも怒られてます」
なんて施設の人に言うのが嫌で嫌で

会いに行ったのは、月に1~2回
冷たいよね

入院してからは、週3回行っていた

でも、
仕事帰りに行くことに、ちょっと疲れを覚えて

「明日の土曜に行くから、今日は行かなくていいかな」

そう思い、家で寛いでいた夕刻
あなたは

一人静かに息を引き取った

本当に本当にごめん
自分勝手で




今は天国でイエス様と一緒だね
天国でまた会う日まで

| ひとりごと | 18:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 先週末に父が天に召されました。夕食後寛いでいたら、病院から「心臓が止まっています」と電話。急いで駆けつけたけれど・・・。
そんな病院に対して、思うことは色々とありますが、現実は変わりません。

 もう少しはもちこたえると思っていただけに、後悔ばかりが押し寄せてきます。

 父の体を前に、父とのことを思い出し、神様に祈っていたら、「ありがとう」の言葉が溢れてきました。

 
 ありがとう
 それは、多分日常よく口にする言葉
 何気なく使っている言葉かもしれないけれど
 「ありがとう」と語りかけているあなたに
 「あなたの全てを受け入れているよ」
 そんな想いも込められている
 
 そのことに
 気づくことができました
 
 ありがとう パパ


IMG_20190630_212323_convert_20190701191041.jpg

 ↑
 父が小学校1年頃の写真。(祖父の遺影の裏にしまわれていました)
 父の年齢を考えると、第二次世界大戦が始まった頃に撮られた写真。
 赤ちゃんを抱いているのが母親で、後ろに立っている女性が伯母。父の母は大阪大空襲の犠牲となり34歳で亡くなりました。
 なので、私は父の母親の顔を見たことがありませんでした。まさか写真が残っているとは思ってもいませんでした。
 とても優しそうなお母さん。父も嬉しそう。叔父曰く、「兄弟みんな幼稚園に通っていて、どちらかというと当時は裕福だった。今は違うけどな・・・」

| ひとりごと | 19:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いのち

 誤嚥性肺炎で入院している父の様態が全然改善しません。それどころか、悪化の一途を辿っています。見舞いに行っても、寝ていることが多い。今後の治療法についての返事を、明日に兄が主治医に伝えることになっています。

 母方の祖母や叔父が管につながれて苦しそうだったのを見ているだけに、延命治療は望んでいません。苦しそうに息をしている父を見ると、これが父の望んでいることだろうか、と思います。ただ、そう簡単に割り切れるものでもなく・・・。


 


 
 いのちがどんなに尊いものか。
 父はそのことを全身全霊を込めて教えてくれている。
 そんな父を
 共にいてくださるイエス・キリストが
 深い深い愛と
 確かな希望で
 包んでくださっている。
 

| ひとりごと | 18:36 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT