FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日も、ありがとう

 アルバイトを始めて、今までのように毎週末、帰ってこられなくなった長男に電話をしてたら、長男が、

「ねえ、お母さん・・・」
 「何?」
「今日はお母さんの誕生日だね。おめでとう!」
 「覚えててくれたの? 嬉しい!」
「当たり前でしょ。僕は長男なんだから」

 本当に嬉しくて、泣きそうになりました。その嬉しさを噛みしめながら、「元気に頑張ってね」と電話を切った後、涙が・・・。
 子離れができていないと言われそうですが、長男の顔を見に行きたくなりました。

 
 長男が生まれてこの11月で20年。あっという間の20年。
 どれだけの愛情を注いで来られただろう。
 もっともっとできたのではないか、その想いは今もなお強い。
 だけど、
 優しい子に、まっすぐな子に育ってくれている。
 それだけで、感謝。



♪「幸せはすべの人に」歌詞♪

いつもいつも願い続ければ
いつか必ず叶うはずだ
朝の光に 昼のひと時に
夜は眠る前に
願い続ければ叶うはずだ
幸せは全ての人に
等しく与えられるはずだから
はずだから

いつもいつも
 願い続ければ
いつもいつも
 叶うはずだ
いつもいつも
 朝の光に
いつもいつも

いつもいつも願い続ければ
君の夢は叶うはずだ
涙枯れ果て 人に蔑まれ
途方に暮れる時も

願い続ければ叶うはずだ
幸せは全ての人に
等しく与えられるはずだから
はずだから

等しく与えられるはずだから
はずだから

| 今日の出来事 | 20:02 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう

 入院している父の見舞いに、大阪から牧師夫妻が来てくれました。とても嬉しかった。
 
 お見舞いに行けば、最近は寝ているばかりの父でしたが、今日は目を覚ましていました。反応はゆっくりでしたが、私たちが言っていることは理解できているようでした。
 そんな父の元で、聖書を読んで、お祈りをしました。父の目が潤んでいるように見えたのは、気のせいではないよね。


 誤嚥が改善されず、飲み込む力も弱くってきた父は、今は絶食状態で経鼻栄養となっています。何も知らなければ、「何とかして食べるようになって欲しい」と願ったことでしょう。


患者が食物や水分を口にしないのは、老衰でものを飲み込む力がなくなったからである。飲んだり食べたりしないから死ぬのではなく、死ぬべきときがきて、食べたり飲んだりする必要がなくなったと理解するべき。(『死を生きた人々』小堀鷗一郎著より転載)



 食べられるのが一番なのだとは思います。でも、小堀氏が言うように、父がその時を迎えようとしているのならば、父の体が拒否していることを無理強いはしたくない。

 父とはそんなに折り合いが良くなかったけれど、今のこの時、父がどんな父だったかに思いを馳せる時を与えられているような気がします。



♪「ただ歌いたい」 歌詞♪

ただ歌いたい
ただここにいたい
あなたと共にいる幸せ
噛みしめながら

あなたのその笑顔に
「ありがとう」の言葉に
隠された本当の痛みを分かりたいから

「あなたに会えてよかった」
「何もできなくてごめんね」
言葉にできない私の想い
この歌にのせて

ただ歌いたい
ただここにいたい
あなたと愛する人たちの
幸せ祈りながら

| 今日の出来事 | 19:41 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

父のこと

 この10連休中、入院している父を数回見舞い、行く度に、弱々しくなっていく父の姿に、涙をこらえるのが精一杯です。誤嚥が治まらず、一昨日から絶食で点滴栄養。今日行くと、鼻に管をつけて酸素補給。

 私は父の生涯のほんの少ししか知りません。だから、父の人生がどうのこうのと言うことはできませんが、正直な所、父が生まれてきた意味はなんなのだろう・・・そう思うことがあるほどに、かなり寂しい人生を送ってきているであろう父です。「いったいあなたは何様なのか?」と思われるかもしれないけれど・・・。

 でも、父が入院してから、父のことを想うことが多くなるにつれて、父は私のために生まれてきてくれたんだって、そのことが今になって漸くわかりました・・・何と言う親不孝者。


 昨日、長男に覚えていてほしいと、次の聖書の言葉を共に読みました。

わたしはあなたがたのために
立てている計画をよく知っているからだ。
――主の御告げ。――
それはわざわいではなくて、
平安を与える計画であり、
あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。


 これは父への言葉でもあるんです。そして、私たち一人一人への神様からのメッセージ。

| 今日の出来事 | 19:31 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

片付けをしていたら

 10連休の始まりに大阪に行った以外は、特に何をすることもないので、春の大掃除をしています。(年末に大掃除をしないので)
 すると、懐かしいものがいくつか出てきて、思い出に浸ることもしばしば。

 その一つが、8年前の家族新聞。家族新聞はちゃんとファイルに閉じているのですが、多分母か父に出し忘れたものでしょう、引き出しの奥から出てきました。
 そこに書き留めていた言葉を書きます。

 「天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者のことだ」(ナイチンゲール)

 戦うことはできないかもしれないけれど、共にいられる者となりたい。


 みせる花でいるよりも
 自然の花でいてごらん。
 特別な花などありはしない。
 それは人が言っていることだ。
 自然には、なにひとつたりないものや
 欠けているものがないように。
 そこから生まれてきたあなたも
 たりないものや欠けているものは、
 なにもない・・・・・・。
 (『しずかな旅人』より)



こんな家族新聞を作っていました。
新聞

| 今日の出来事 | 20:02 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

病院の常識は非常識?

 仕事中に父が入所している特養から電話が入りました。朝方熱が出たり、痰が結構でたりしたので、病院に行くので付き添って欲しいとのこと。

 急遽休みをもらい、病院に行って検査をしたら、誤飲性肺炎で即入院となりました。その時のやり取りで疑問に思ったことがあります。

 高齢でちょっと認知症もあるので、夜になるとパニックになったり、点滴を外したりするかもしれない。そういうときはご家族の方に夜中付き添ってもらうことになりますと看護師が言いました。

 わが家は共働きだし、連休中は息子のオープンキャンパス参加で大阪の方に連泊するので毎回は無理だと言うと、「それは困ります」と。でも、無理なものは無理なので、ちょっときつめに「無理です」と言うと、「では、点滴を外したときはミトン等で拘束していもいいですか」と。

 入院って、治療するだけではなく、看護もちゃんとしてのものだと思うんです。なのに、「夜は診られないから、病院側の要請があれば、夜中付き添ってください」なんて、私はおかしいと思います。

 父に付き添うのが嫌だと言っているのではないのです。普通に考えて、共働きで、子どもがいて、近くに他に肉親もいない状態で、病院側の呼び出しに毎回応えられるわけがない。そういう理解ってできないのでしょうか。

| 今日の出来事 | 19:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神戸へ帰省

 昨日今日と神戸に帰省していました。ノルウェーのクリスチャンフレンドが日本に来ていて、教会の人達と神戸フルーツフラワーパークとうい所に一泊しました。

 今回は長男が一緒に参加。そこで、みんなに長男の声がすごくいいと言われ、「テノール歌手を目指したら?」とか、長男が野球が好きなのを知っていて「声がとても聴き取りやすいから解説者に向いているんじゃない?」とか、すごく励ましてくださいました。

 私はそんな風に感じたことはなかったのですが、でも言われてみたら、そうなのかな?って、親ばかですが。

 親として子どものことをあれやこれやと思いますが、その視点は狭く、一つの方向からしか見えていないことが、私の場合はほとんど。だから、こうやって他の方の視点から話を聞けるのは、とてもありがたいです。長男の可能性をまた一つ増やしてあげられる。

 私よりも年配の、あるお母さんと話しました。その方は息子さんが免疫不全ということで、小さい頃から色々と制限があって、大変だったと。成長してやっと落ち着いたと思っていたのに、また最近症状が出てきて・・・という話をされました。

 そういう日々の中で、牧師と話したときのことを教えてくださいました。

 神様は私たちが豊かな人生を歩むようにと仰る。その「豊かな人生」というのは、良いことだけがある人生ではない。いいことも勿論あるけれど、辛いこと、哀しいこと、苦しいこと、すべてがあって「豊かな人生」なのだと。

 そう教えて頂いて、「ああ、私はとても豊かな人生を送っているんだな、感謝だな」って、素直に思えました。

 
 今回、あまり面識のない方もいらっしゃったのですが、なんと、その方、長男(19歳)が私の弟だと勘違いしていたと・・・。それだけ若く見えたのだと、素直に喜ぼうと思っています。長男が老けて見えたとか、私がそれだけ頼りなく見えたのではなく・・・・・・。

 それにしても、本当に楽しい一日でした。
 そして、多分今週末は広島で開催されている「ヤマトワールド」に行けたら行く予定。忙しいけれど、楽しい日々が続いています。

| 今日の出来事 | 14:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

良いことづくめ

 怖いぐらいに良いことが続いています。素適なサプライズの連続です。line_pen01ダンス

 一つ目は、20年ぶりぐらいに、友人と再会したこと。大阪に住んでいる知人が家族でこちらの方に来ているからと、会いませんか?と突然の電話がありました。
 彼女は私が結婚してこちらに来て、妊娠していた頃でしょうか、はるばる奈良から会いに来てくれたのです。そんな優しい友人なので、喜び勇んで会いに行きました。
 彼女も同じくクリスチャンで、共に祈るときももてて、本当に本当に幸いな一時を過ごすことができました。


 二つ目は、ニュージーランドのホストマザーの動画が届いたこと。ホストマザーは今年の2月で100歳を迎え、そのお祝いに久しぶりにバースデープレゼントを贈りました。そのお礼に、友人を通して動画を送ってくれました。見ているだけで、涙が出てきました。



「もうそろそろ会いにいらっしゃい」 そういうホストマザーの言葉に、会いたい想いがマックスに。


 そして、3つ目。 ヤマト続編決定!oth_pen56よっしゃpen1_52賛pen1_03喜


続編決定

これでヤマトロスにならなくてすみそうです! このショットで続編決定のお知らせということは、古代君健在ですね!

| 今日の出来事 | 19:38 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT