FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2009年が過ぎていく・・・

今日で2009年も終わり。
月日の経つのは本当に早い。

色々なことがあった一年だと思う。
今、一年の終わりにあって思うのは、
神様の愛に、恵みに導かれた一年だったと。



今年、今までになく、とにかくよく本を読んだ。
もともと本を読むのは好きだったけど、
今年は、実によく読んだと思う。

我が家の一番の出来事は、夏に初めてディズニーランドに行ったことかな。
子ども達にとっては、生まれて初めての飛行機でもあった。

私自身は、医大での秘書業務から、小学校での特別支援教育サポーターへの転職が一番の出来事かな?
あと、中学1~2年の頃にはまった「宇宙戦艦ヤマト」の復活編を鑑賞できたこと。

子ども達にとっては、どんなことが大きな出来事だったのだろう?
そう思って、聞いてみた。
「何が一番楽しかった?」
「分からないよ。」

きっと、ディズニーランドに行ったこと、って答えるって思っていたけれど、
「分からない」・・・
でも、これが正直な答なんだろうな。
どれが一番、なんて決められないのだろうな。




過ぎ去っていく 2009年・・・
嬉しいことも、失敗したことも、悲しく思ったことも、色々あったけれど、
今朝、ディボーションをしていて、出会ったこの言葉と共に、締めくくりたいと思う。

取り戻せない過去を主の御手に預け、
主とともに未来に進み出よ。

Leave the broken, irreversible past in His hands,
and step out into the invincible future with Him.

(『いと高き方のもとに』 12月31日)

| ひとりごと | 22:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

『きみが いま』

書店で見て、タイトルに引かれ、パラパラとめくり、気に入って買った。
子ども達が読むために、ではなく、自分自身のために。

本の帯に、
  「すぎさってしまったら 二度ともどらない子ども時間
   --かけがえのない大切な時間(とき)」
と書かれている。

きみがいま むちゅうなのは・・・で始まり、文が続いていく。

そうそう、あった、あったって一番共感したのが、
いたいところにはる ばんそこう

明日のことなど気にしない、
だから 色々なことに夢中になれる・・・

そんな、大切な大切な子どもの時間を時代を、
しっかりと子ども達が味わえますように。
大人の一方的な思い出取り上げてしまうことがありませんように。

読んでいて、とてもとても心が暖かくなった本です。

きみがいま―Little Boyきみがいま―Little Boy
(2009/12/11)
アリスン・マギーピーター・レイノルズ

商品詳細を見る

| 本・人生、啓発 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逆説の十カ条

先日の礼拝で、ケント・M・キースの「逆説の十カ条」というのを初めて聞いた。

検索すると、どういうものかたくさん出てくる。

1 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
  それでもなお、人を愛しなさい。

2 何か良いことをすれば、
  隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

3 成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。

4 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

5 正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
  それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6 最大の考えをもった最も大きな男女は、
  最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
  それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。
  それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
  それでもなお、築きあげなさい。

9 人が本当に助けを必要としていても、
  実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
  それでもなお、人を助けなさい。

10 世界のために最善を尽くしても、
  その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
  それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。



生きていると、「どうして、こんなことが?」と思うようなことはある。
そんな時でも、「それでも、なお、私は・・・」と前向きな心持ちでいたいと思う。

この「逆説の十か条は」19歳の時に書いた詩だという。
19歳にして、この境地・・・

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条
(2002/08)
ケント・M. キース

商品詳細を見る

| ひとりごと | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「宇宙戦艦ヤマト 復活編」

今日やっと、楽しみにしていた「宇宙戦艦ヤマト 復活編」を見てきた。

色々な意見があるようですが、私はそれなりに楽しめましたし、
「さらば」や「完結編」のような、涙の出るようなラストではなかったけれど、
もう一度見たいなって思っています。
ただ、一つ変えて欲しいのは、ヤマトの主題歌は佐々木功さんに歌って欲しかった。
アルフィーでは・・・・すねスターがっくり

主人公・古代進の声優さん(富山敬さん)が10数年前に亡くなられたので、
復活編では他の声優さんがやっていたので、違和感はありました。
顔も、年齢を重ねているとはいえ、なんか、角々した感じがあったかな・・・
今回古代君の声をしていた方は、ご存じの方も多い、山寺宏一さんで、お上手な方です。
でも、やはり、富山さんのあの、暖かい、包み込むような、心に染みいるような声が、
私は一番好きです。

映画が終わって、
「この映画を・・・富山 敬・・・に捧ぐ」
を見たときには、ジーンと来ました。

「一部 完」ということなので、きっと二部もあるんでしょうね。

音楽は、宮川泰さんも亡くなられていたからなのか、
戦闘シーンはクラシック曲がかかっていて、なんか銀英伝と似ているなって思ったり。

私が中学生の頃にはまり、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」は13回見たんですよね、映画館で。
中学生にも関わらず、友達と朝に映画館に行き、そのまま続けて2回見たりしてました。
当時は、今みたいな入れ替え制ではなかったから、続けて見るのOKだったから。
懐かしい・・・

久しぶりに、昔(?)に戻った気分でした。

| 宇宙戦艦ヤマト | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『モモ』

『モモ』、児童書です。
ふと思い立って、読んで見た。

児童書という分類にはなっているけれど、大人が読んでもいいと思った。
本の表紙にタイトルと一緒に、こう書かれている。

「時間どろぼうと ぬすまれた時間を人間に
 とりかえしてくれた女の子のふしぎな物語」

モモ・・・突然円形劇場に住みついた身よりのいない、不思議な少女モモ。
町の人たちは、何かあると決まってこう言うようになった。
「モモのところに行ってごらん」
どうしてなのでしょう? それは、モモが黙って人の話を聞くことができたから。
ただ、それだけ。
「人の話を聞く」だけだけど、モモに話を聞いてもらったら、
自分の悩みが解消されたり、希望がわいてきたりする。
だから、モモのまわりには多くの大人や子ども達が集まってきた。

でも、「灰色の男たち」(時間どろぼう)が現れて、
みんなに「時間」を倹約させて、世界中の余分な「時間」を独占しようとする。
そして、灰色の男達と契約を結んだ町の人々は、ゆとりのある生活を次第に失っていく。

そんな灰色の男達から、モモは盗まれた時間を取り戻す。


そんなストーリー。

この本は、「忙しい、忙しい」と時間に追われ、ただ、機械的に何かをくり返している
社会に、私たちに警鐘をならしているように思う。

こんな言葉が響いてきました。

光を見るためには目があり、音を聞くためには耳があるのとおなじに、人間には時間を感じ取るために心というものがある。そして、もしその心が時間を感じとらないようなときには、その時間はないもおなじだ。

本当にそうしたいのなら、待つこともできなくてはいけないね。

 遊びを決めるのは監督のおとなで、しかもその遊びときたら、何かに役立つことを覚えさせるためのものばかりです。こうして子どもたちは、ほかのあることを忘れてゆきました。ほかのあること、つまりそれは、楽しいと思うこと、夢中になること、夢見ることです。
 しだいに子どもたちは、小さな時間貯蓄かといった顔つきになってきました。やれと命じられたことを、いやいやながら、おもしろくもなさそうに、ふくれっつらでやります。そして自分たちの好きなようにしていいと言われると、こんどは何をしたらいいか、全然わからないのです。
 たったひとつだけ子どもたちがまだやれたことはといえば、騒ぐことでした。--でもそれはもちろん、ほがらかにはしゃぐのではなく、腹だちまぎれの、とげとげしい騒ぎでした。


私は、時間をどのように使っているだろうか?
与えられている時間を楽しんでいるだろうか?


モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
(1976/09)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る

| 本・絵本 | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス賛美・・・O Holy Night

クリスマス賛美は色々あるけれど、
どれが一番好きかと言えば、
やはり、「クリスマスおめでとう」
その次が「さやかに星はきらめき」(O Holy Night!)

その「さやかに星はきらめき」で、すてきな動画を見つけました。


| 賛美 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスケーキ

今日はクリスマス。
お昼からクリスマスケーキを作った。

フルーツたっくさんのケーキ。
こんな感じ。
cake.jpgcake2.jpg


イチゴ、バナナ、キウイ、パイナップル、ピーチ、みかんを細かく刻んで、
生クリームをかけたのを、スポンジケーキの真ん中に入れて、
切ると、フルーツがあふれてしまう。

我が家の生クリームは、ヨーグルト入り。
なので、甘ったるくはなく、適度に酸味があってとっても美味しいです。
子ども達は、この生クリームに慣れているので、
市販されているケーキは、甘すぎるよう。

ヨーグルト入りの生クリーム、お勧めです。
入れる量は適当。
生クリームを泡立てながら、ヨーグルトと砂糖を入れ、好みの味に。

| 今日の出来事 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスおめでとう

クリスマス、おめでとうございます。

クリスマス・・・
神様が、私たち一人一人のために、イエス・キリストをこの世に送って下さった日。
イエス様が、お生まれになった日。
イエス様と出会う日。
イエス様の御降誕を覚え、心からの感謝と賛美をお捧げしたいです。


1)夜空に星がなくっても あなたの瞳は星のよう
  神様の光を受けたから クリスマスおめでとう
  ハレルヤ

2)ローソクのあかりがなくっても あなたの胸にはともしびが
  神様の愛にゆれたから クリスマスおめでとう
  ハレルヤ

3)まっ白な雪がなくっても あなたの心は雪のよう
  イエス様の血潮で聖められた クリスマスおめでとう
  ハレルヤ

4)なんにもプレゼントなくっても あなたに素敵なプレゼント
  神様がひとり子を与えられた クリスマスおめでとう
  ハレルヤ

5)あなたの心にイエス様が この夜お生まれなさったら
  素晴らしい素晴らしいクリスマス クリスマスおめでとう


こんな感じの曲です。
[高画質で再生]

くりすますおめでとう

[広告] VPS

| 賛美 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスの前日に

クリスマスの前日に、健康診断を受ける人ってどれくらいいるのかしら?

今日、健康診断に行ってきた。
絶対に今日は空いているはずだと確信して。

思った通り、かなり空いていた。
基礎検診とレントゲンと胃の検査(バリウム)だけの受診だったけど、
45分足らずで終わった。

例年は2時間くらいかかっていたのが、45分。
やっぱりイブの日に健康診断を受ける人は少ないようだ。


そんな今日の健康診断で、「エッ?」って思うことが・・・
採血で、失敗というのか、針を刺したものの血が採れないのか、
刺したまま、針を動かしている気配・・・
でも、どうにもならなかったみたいで、
横にいたベテラン看護師さんに
「お願いします」と・・・
結局、両腕に採血痕が・・・

その失敗した看護師さん、謝罪もなく、横に突っ立ったままだった。


健康診断受けるなら、12月24日!?

| 今日の出来事 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスダンス

ブログ「人と違っても、え~やんか」で JIBJAB.COM で出来る面白い動画を紹介していた。
結構面白かったので、私も作ってしまいました。

こんな感じ(1月15日まで見れます)。

Send your own ElfYourself eCards


Send your own ElfYourself eCards

| ひとりごと | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT