FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2011年が始まりました

2011年、新しい一年が始まりました。
今まで以上に、希望と期待に満ちている、そんな感じです。


嬉しいこともあれば、落ち込むこと、辛いこともあるでしょう。
嬉しいときは思いっきり喜び、辛いときは気にせず泣けばいい。


そして、このことは覚えておきたいと思う。


君の窓がどんなに小さくたって、空はいつだって広いんだ。
(アレックス・ロビラ著『幸福の迷宮』)




神様の約束

生涯を通して、空がいつも青いと、花が枯れないとは、
神様は約束していません。

太陽ばかりで雨がないと、喜びばかりで悲しみはないと、
平安だけで痛みがないと、
神様は約束していません。

でも、神様は約束しています。
その日に必要な力を、
働きのための休息を、
歩む道に光を。

試練の日には恵みを、
上からの助けを、
尽きない永遠の愛を。





「神様の約束」の原文

What God has promised」

God has not promised, skies always blue.
Flower-strewn pathwasy, all our life through.

God has not promised, sun without rain.
Joy without sorrow, peace without pain.

But God has promised, strength for the day.
Rest for the labourer, light on the way.

Grace for the trials, help from above.
Unfailing sympathy, undying love.





そんな清々しい思いでスタートした1日ですが、のんべんだらりと過ごした1日・・・
ただ、今日は下の子のお誕生日だったので、お昼からバースデーケーキ作り。
「おいしい、おいしい」って食べてくれて、あっという間になくなりました。

| ひとりごと | 22:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |