FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

星野道夫さん

先日、新聞の広告欄にあった新刊本の案内が目に飛び込んできました。

『星野道夫 風の行方を追って』
星野道夫 風の行方を追って星野道夫 風の行方を追って
湯川 豊

新潮社 2016-07-29
売り上げランキング : 10840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



星野道夫、という言葉だけで、「読みたい!」。
そして、翌日の新聞の文化・文芸コーナーでは、「今こそ 星野道夫」と題して、星野さんのことが簡単に紹介されていました。

読み進めると、なんと「星野道夫 特別展」が東京を皮切りに大阪でも開かれると!
ということで、検索をして見たら、なんと、大阪では9月の中旬に高島屋で開催。
そして、またなんという偶然か、その頃に大学の同窓会が大阪の梅田であるのです。
毎年開かれている同窓会ですが、私は遠方ということもあって、5~6年前に参加したっきり。
今年もどうしようかと悩んでいたのですが、星野さんの特別展にはぜひ行きたいので、同窓会にも参加することに。
今から、すっごく楽しみです。

星野道夫さんを知ったのは柳田邦男さんの本を読んで。
紹介されていた本がとてもよくて、それから彼の著書を何冊も借りて読みました。
写真集もいいですよ。
(柳田邦男さんもいいんです。彼を通して、私は読書の幅が広がりました。)

星野さんのどこがいいのかと聞かれると、「これだ!」と答えられないのですが、心が洗われる、そんな気持ちになるのです。

難しい言葉は使ってないんです。さりげない一言が深くて、そんな一言に思いを巡らし、星のさんが生きたアラスカを想像し、なんて言うのか、いのち、とでもいうのでしょうか、そういうものが感じられるんです。


星野道夫 特別展 

人間はある共通する一点で何も変わらない。それは、だれもがたった一度のかけがえのない一生を生きるということだ。(星野道夫)

| ひとりごと | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |