FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「過ぎたる宝」

幼稚園から高校まで、ミッション系の一貫校に通っていました。その学校の季節の便りみたいなのが1年に数回届きます。今日届いた便りに掲載されていた幼稚園の園長(神父様)のメッセージを少し転載します。

「過ぎたる宝」

救い主の誕生が闇に住む民に光をもたらしたように、子どもの存在が家庭に光をもたらしたことを思い出しますように。そしてまた自分自身も、喜びをもたらした赤ん坊として、この世に生まれでたことを自覚できますように。


子どもが生まれた時、どんなに嬉しかったことでしょう。「産みの苦しみ」との言葉通り、出産は大変ですが、生まれたばかりの我が子を抱いた瞬間、そんなのはすぐ忘れ去り、ただただ喜びで胸が一杯になりました。「光をもたらした」と神父様が書かれている通りです。

光を、喜びをもたらしてくれた我が子。そして、それは私もそうだったのだと、神父様の言葉に初めて気がつきました。そう思っただけで、胸が一杯になります。

「過ぎたる宝」、それは我が子がそうであるように、きっと私もそうなのですね。

その宝が、毎日共に過ごすうちに、当たり前になりすぎて、その宝の輝き、素晴らしさが分からなくなってしまうことも・・・。でも、宝の持つ輝き、素晴らしさは変わらない。


子どもが生まれた時、そのことを思っていたら、こんな動画を見つけました。



イエス・キリストの誕生を歌ったもののようですが、生まれてくる子ども一人一人にも当てはまると思います。


同じ歌で、歌唱はとても素晴らしいのですが、バックで踊っている演出がいまいちです。

| 子育て・教育 | 20:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪クリスマスおめでとう

来年2月に近くの会館で吉本新喜劇が上演されます。そのチケットが今日から発売。発売の50分程前に行ったのですが、既に15人ほどが並んでいました。田舎ですが、吉本はやはり人気があるのですね。

それはさておき、今日は教会で料理教室があったので、長男と参加しました。長男が積極的に感想を言ったり、相づちを打ったりしていたので、集っていた人たちが次回も参加してねと長男に言っていました。「素直な子ですね」とも言われて、素直に嬉しかったです。

そんな長男、来週17日の日曜日に洗礼を受けることになりました。大学受験準備を通して、神さまが息子を愛し、導いて下さっていることを感じられたのがきっかけです。我が子が信仰をもつ、本当に嬉しいです。

そんな長男のことを思っていたら、「クリスマスおめでとう」という賛美が鳴り響きました。こんな賛美です。(帰省するときに集う大阪の教会での賛美)

動画:クリスマスおめでとう.mp4

♪ クリスマスおめでとう

夜空に星がなくっても あなたの瞳は星のよう
神さまの光を 受けたから クリスマスおめでとう ハレルヤ

ローソクの灯りがなくっても あなたの胸には ともしびが 
神様の愛に ゆれたから クリスマスおめでとう ハレルヤ

まっ白な雪がなくっても あなたの心は雪のよう
イエス様の血潮で 聖められた クリスマスおめでとう ハレルヤ

なんにもプレゼントなくっても あなたにすてきなプレゼント
神様がひとり子 与えられた クリスマスおめでとう ハレルヤ

あなたの心にイエスさまが この夜お生まれなさったら
すばらしい すばらしい クリスマス クリスマスおめでとう ハレルヤ


長男の受洗、私にとっても神さまからの素晴らしいプレゼントです。

| 聖書・信仰 | 22:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪ O Holy Night

この時期、クリスマスソングを色々と耳にします。クリスマス賛美の中で私が大好きなのが、「O Holy Night (さやかに星はきらめき)」。



この「O Holy Night」を歌詞はそのまま、旋律を前半は「アヴェ・マリア」で歌った映像がありました。とても素適なので、聴いてみてほしいです。



この「O Holy Night」は、イエス・キリストの誕生を喜び歌っています。その3番の歌詞を転載します。

「たがいに愛せよ」と説き 平和の道を教え
すべてのくびきをこぼち  自由を与えたもう
げに主こそ平和の君(きみ) たぐいなき愛の人
伝えよ その福音(おとずれ)を
広めよ きよきみわざを 讃えよ 声の限り



「たがいに愛せよ」と説いたイエス・キリストは、「愛する」ことを行動で示して下さいました。好きな人を愛するのは簡単。でも、自分に悪をなす人を愛することは難しい。どうしたら愛せるのか。

憎しみを拒絶すること、赦すこと。そうできるように祈ること。なかなか出来ることではないから、私たちには絶対者なる神さまが必要なのだと、思います。


「伝えよ その福音(おとずれ)を 
 広めよ きよきみわざを 讃えよ 声の限り」


と歌詞にあるように、私自身なれますように。この歌を聴くとそう思うのですが、なかなかできないでいます。

| 聖書・信仰 | 19:57 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪道しるべ

子ども達の頑張っている姿は、とても素適で微笑ましく、心にジーンときて涙しそうになる時もあります。

そんな子ども達を見ていて思うのは、この子達の未来が良きものでありますようにと。そして、そう思う私は、そう願うに相応しい姿を見せているのか、道を歩んでいるのかと、相も変わらず思うのです。


昨日息子が「有線大賞」を見ているのを、編み物をしながら横でチラチラ見ていました。その時、新人賞に選ばれた半崎美子さんという一人の女性シンガーの歌に聴き入りました。

「ショッピングモールの歌姫」と呼ばれ、地道な活動を17年間続け、今年メジャーデビューを果たしたそうです。その「有線大賞」で歌ったのは「サクラ〜卒業出来なかった君へ〜」という歌。素適な歌だなと思い、youtubeで彼女の歌を数曲聴いてみました。その中の「道しるべ」という歌を聴いていると、子ども達のことを思わずにはいられませんでした。

先に生まれた者として、後に生まれてきた子ども達を導けるような道を私は歩めているかと。



♪ 道しるべ

幼い頃 届かなかったつり革を背伸びをしなくても もう届くようになってた
つかまってた背中を離れ今はもう 転んでも一人で立ち上がる
あの頃の自分に胸をはれるかな
歩んだ道のりはまっすぐではないけれど
それでも何かを残してゆけるように
綴った分だけついた足跡はいつか
誰かを導く道になりますように

立ち上がって 歩けるようになってから
どれぐらい前に進んだだろう
これまでの自分を少しほめてみよう
歩んだ道のりはまっすぐではないけれど
それでも何かを残してゆけるように
綴った分だけついた足跡はいつか
誰かを導く道になりますように

選んだ道のりが間違ってはいないかと
不安になるたび後ろを振り返った
綴った分だけついた足跡はいつか
誰かを導く道になりますように
道でありますように


この歌詞にあるように、人は時に、選んだ道のりが間違ってはいないかと不安になります。でも、人間はみんな不完全です。完璧な人間はいません。だから、時には迷いながら進んでいく。迷いはあるけれど、でもその方向に光があると信じて歩んでいく。

その自分の歩んだ道が、誰かを導く道となりますように、道でありますように。良き道でありますように。そんな思いをもって歩む一人一人を神さまは、きっとあたたかい眼差しで見つめて下さっていると思います。

| 子育て・教育 | 19:40 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪クリスマスの奇跡

今日からアドベント、待降節。クリスマスはもうすぐです。クリスチャンというのもあるのでしょうが、やはり12月、クリスマスを迎えるこの時期は格別。

クリスマス、それはイエス・キリストが人の姿をとってお生まれなさった日。人をその罪から救うため、神の子とするため。

クリスマスの賛美や歌は数多くあります。こんなクリスマス賛美をyoutubeで見つけました。「クリスマスの奇跡」という賛美で、歌はクリスチャンシンガーの人たち、手話は玉川聖学院の生徒さん達。歌そのものも素適なのですが、手話賛美をしている女子高生達も素適だなって思います。





♪ クリスマスの奇跡

星降る夜に一人ぼっちで 過去の痛みに苦しんでる
傷つけ合った あの日のことを ずっと悔やんで生きてきた
救い主が今日生まれた 世界に赦しを与えるため

 赦し合おう 愛し合おう ここに愛と平和があるから
 赦し合おう 分け与えよう クリスマスの奇跡はここから始まるから

2000年前に生まれた方が 今も変わらず世界中の
人々の心を変え続けて 小さな奇跡を起こしている
救い主が今日生まれた 世界に平和を与えるため

 赦し合おう 愛し合おう ここに愛と赦しがあるから
 隣人に分け与えよう クリスマスの奇跡はここから始まるから

赦し合おう 私たちがまずあなたに許されたように
共に立とう 手を取り合おう クリスマスの奇跡はここから始まるから

敵のために祈り始めようクリスマスの奇跡は私から始まるから

救い主が今日生まれた世界に平和を与えるため
世界中に宣べ伝えよう クリスマスの奇跡はここから始まるから

クリスマスの奇跡はこれからも続いていく
Joy to the world





この歌詞にもあるように、一人一人互いが赦し合い愛し合っていけますように。

| 聖書・信仰 | 15:51 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誕生日に思うこと

今日は約束通り、お兄ちゃんのお誕生日ケーキを作りました。毎年同じケーキですが、子ども達は大好き、美味しいと言ってくれるので、嬉しいです。

フルーツたっぷりのショートケーキ。スポンジケーキは栗原はるみさんのレシピで簡単に美味しく焼けます。生クリームにヨーグルトを混ぜているので、あっさりとした生クリームでとても食べやすいです。(料理は下手なので、見栄えは悪いですが・・・)

誕生日ケーキ2


誕生日ということで、それにまつわる言葉を探したら、マーク・トウェインのこんな言葉を見つけました。

人生で一番大事な日は二日ある。生まれた日と、なぜ生まれたかを分かった日。

「なぜ生まれたかを分かった日」

なぜ私は生まれてきたのか。真剣に向き合って考えたことはない、かな・・・。少しだけそのことを考えてみたのですが、厳かなものを感じました。神さまの大きな愛が心の奥深くまで感じられた、そんな感じ・・・。

お兄ちゃんはどうかな?多分考えたことはないだろうな。でも、そのことが分かったら、今よりもずっと前向きに歩んでいけますね。


これからまだまだ長い人生を歩んでいくお兄ちゃん。「人生いろいろ」という歌がありますが、いろんなことを経験していきます。喜びの真っ只中にいることもあれば、悲しみや辛さの真っ只中に放りこまれることもあるでしょう。何が起こるかは分かりませんが、お兄ちゃんの歩む日々が、星の数ほどの笑顔と優しさと愛に包まれまれますように。

| 心に響いた言葉 | 15:29 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

疲れている時には・・・

もう12月。一ヶ月後はお正月。時の経つのが早いです。

12月が近づくと共に職場も忙しくなります。忙しくて、昼休憩がまともにとれません。本来なら1時間の休憩があるのですが、お昼ご飯を食べる時間しかないような状態。そのせいか、今日は仕事中、だんだんとしんどくなってきました。どんなに忙しくても、休憩時間は普通にとりたいな。

なので、ゆっくりとお昼ご飯を食べています。まあでも、忙しいと言っても、私より忙しい人は世の中に数え切れないぐらいいるので、「何を甘っちょろいことを」って言われそうですが・・・。

ツイッターでの若松英輔‏さんのこんな発言が心に留まりました。
ツイッター


あるブログを通しって知った André Gagnon さん。2~3曲しか聴いていないのですが、癒されます。




明日はゆっくりしよう。

| 心に響いた言葉 | 20:42 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |