FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとう、2017年。

寒いから大掃除は年末にはしませんが(春にします)、片付けは一応しています。読書が好きなので、本がそれなりにあって、その本の重みに耐えかねて、本棚の棚が崩れ落ちてしまってました。ですので、それを直し、本を整理し直したりするのに、半日潰れてしまいました。

今年を振り返って、今年1年がどんな1年だったかと一言で言うなら、やっぱり、「ヤマトイヤー」。ヤマトというか、古代君というか、埋め尽くされたような1年だったような気がします。

プロポーズをする古代君

若松英輔さんがツイッターで次のように呟いていました。

一年を振り返るとき、「私は何をしたか」を考えても、さほど意味はないかもしれない。つかめる出来事は表層に留まる可能性が高い。そうではなく「私に何が起ったのか」を考えてみるとよい。人は、ひとつの言葉を耳にするだけでも人生に大きな変化を招き入れることもある。

「私に何が起こったのか」。やはり一番は、長男がイエス様を信じたこと。次男はイエス様を信じたいと思っていること。母が自ら教会に行きたいと、行ってくれたこと。

これらは、直接には私の身に起こったことではありません。でも、祈っていたことなので、私に起こったことと言ってもいいかなって。

本当に神様の恵みが溢れた1年でした。

God’s mercies are as certain as the rising of the sun each day.
In view of this inspiring truth, the living God truly is all that we need for any of life’s trials.


Daily Breadに書かれていました。
神の恵みは確かで、それは日々太陽が昇るのと同じ。
この素晴らしい事実からみると、生ける神は確かに、人生のどんな試練にも我々が必要とするすべてなのです。

神さまの恵みをひしひしと感じたこの1年。この恵みを、順風の時にも、逆風の時にも感じ取れる者へと成長していきたいです。

この1年、拙いブログですが、訪問してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
2017年はもうすぐ終わりますが、笑顔で締めくくれますように。そして、笑顔で新年を迎えることができますように。

| ひとりごと | 21:22 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年の瀬に思うこと

2017年もあと1日。12月のクリスマスからお正月を迎える雰囲気が好きです。慌ただしさの中にも、楽しく、穏やかな時がすぐそこまで来ているのが分かるからかなぁ。

子どもの頃は、年末からお正月は母方の祖父母の家に行きました。親戚みんなが集まって、年末はお餅つきをして、あんころ餅や砂糖醤油餅、大根おろし餅を食べたのを今でもよく覚えています。楽しかったなぁ~。


年末なのですが、市内のジュンク堂に行きました。来年度の手帳をどれにしようかと物色しているときに、3人の男子大学生がいました。そのうちの一人が手帳を探していました。もう一人の男の子が、「手帳よりスマホや携帯が便利でいいんじゃない?」と言いました。するとその子は、

「携帯もスマホも持ってないんだよね。大学生で携帯はまだ早いって言われてるから・・・」

その言葉を耳にして、なんだかよいなって思いました。彼の周りのほとんどが携帯やスマホを持っていると思います。でも、腐らずに、手帳を選んでいる姿は微笑ましかったです。

我が家では、高校生の息子達には携帯等は持たせていません。ただ、大学生になったらやはり必要かなと思うので、持たせる予定です。ただ、絶対に必要かと言えば、そうでもないような気がします。


あるブログ主さんのマネをちょこっとさせて頂いて、今年の本と歌のベスト。

今年は本もよく読んで、記録を見ると、なんと約130冊。読んだ中でのベスト1を決めるのはかなり難しいです。今年も良い本にたくさん出会えたので。ただ、敢えて選ぶとしたら、やはりヤマトファンとしては、昨日読み終わった『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 2』でしょうか。

小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (2)小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (2)
皆川 ゆか 福井 晴敏 宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会 むらかわ みちお

KADOKAWA 2017-12-26
売り上げランキング : 2370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歌では、今年一番よく聴いたのはやはり賛美歌系ですが、個人となると、マッチではなく、小野大輔さんの「雨音」。この歌を知ったのは先月頃でしょうか。歌詞も旋律も好きで、知ったばかりの頃は1日に数回聴き入ってました。



徳永英明さんの「バトン」は今日初めて聴いたのですが、歌詞がいいです。

かっこ悪くていい
何か言われてもいい
僕には出来ないって、心のまま伝えてみな

大人だからなんなの?
好きな人のためなの?
自信が無いのなら、その気持ちを大事にして


こんな歌詞から始まるこの歌。息子達にも聴かせたいです。


(歌は2分10秒頃から始まります)


あと1日。楽しく過ごそう!

| ひとりごと | 20:25 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小説版『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち Ⅱ』

ヤマトの話です。

小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (2)小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (2)
皆川 ゆか 福井 晴敏 宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会 むらかわ みちお

KADOKAWA 2017-12-26
売り上げランキング : 2370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小説版の『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち Ⅱ』を読みました。読み出したら止まらなくなり、年末だと言うのに、片づけそっちのけで読み耽りました。面白かったです。映画では表現されなかった描写も勿論あって、それがまたよかった。

古代君の葛藤も映画では少しばかり「?」の部分があったのですが、小説を読んで、なるほどそういうことだったのかと納得。雪への思いが心に響いて、ますます強くなったではありませんか・・・古代

ズオーター大帝との場面では、映画では一方的に大帝に言われていたけれど、小説版ではちゃんと反論もしていました。そして、あの台詞・・・

「違う、断じて違う。宇宙は母なのだ。そこで生まれた生命はすべて平等でなければならない。それが宇宙の真理であり、宇宙の愛だ! お前は間違っている。それでは宇宙の自由と平和を消してしまうものなのだ」

この部分は完全に富山敬さんの声が脳内に響き渡りました。映画を観た後の感想で、この言葉で反論して欲しかった、というようなことを書いたのですが、ちゃんと反論していた!


雪とのことも、「こんなこともあったのね」と、二人の風景、彼らを見守る周りの風景が、想像でしかありませんが、それもまた味わい深くて、映像にしてほしかったです。


前にも少し書いたのですが、今回の2202は「蘇生体」というのが出てきます。私はこういう設定は好きではないので、考えたくはなかったのですが、けっこう重要な要素となりそうで・・・。小説を読んで、斎藤隊長はやはり「蘇生体」にされていると確信。


「さらば」、「2」を踏襲しつつ、新たな展開を見せてくれるのでしょうが、そんなことは決してないと確信してはいますが、古代君を「蘇生体」になんかしたら、観ないわ!


それにしても、この小説はよいです。今回は展開が気になって、急いで読んでしまいましたが、またゆっくりと味わいながら読み返したいです。やはり、ヤマトはよいです。

| 宇宙戦艦ヤマト | 19:07 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『だけど、くじけない』

だけど、くじけない 子どもたちからの元気便だけど、くじけない 子どもたちからの元気便
長倉洋海と東北の子どもたち

NHK出版 2012-02-24
売り上げランキング : 666194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『だけど、くじけない』、5年程前に読んでいて、今回再読。子ども達の写真、思い、言葉が記されているのですが、前回読んだ時とはまた違った発見がありました。まずは、子ども達の言葉を二つ転載します。

津波が、一しゅんのうちにぼくから
たくさんの大切なものをうばい取ってしまいました。
優しいおじいさんとおばあさん、泳いで遊んだきれいな海--。
なくして初めて当たり前と思っていたことが
今まで幸せだったのだと感じました。


地震があって考え方が少し変わった。
『日常』の価値は『非凡』で
『日常』はパズルみたいに
ピースを集めると成立するんだと考えるようになった。
前は、ただ『日常』を
だらだら同じことのくり返しで、限りなくある物で
それがやっと終わったら死ぬんだと思っていた。
私は、今生きていることが尊いと考えられるようになれた。
それは、地震でゆいいつ得た物だと思う。


当たり前に思えるけれど、本当は当たり前ではない日常。いつもと変わらないから、日常は惰性で過ぎてゆくように思うだけ。「いつもと変わらない」ということが、本当はどれだけ恵まれていることか、どれだけ感謝できることか。そのことを、やはり忘れてはいけないと思う。

そう思ってはいても、毎日同じように繰り返される日常を、淡々と過ごしているだけの自分自身。忘れやすく、流されやすく、自分のことで精一杯。人間の弱さ故なのかもしれないけれど、「神よ、弱さと闘う勇気をください」とのマザー・テレサの祈りを、心に刻んでおきたい。


次の言葉は、6年生の発表会の時のものなので、子ども達の言葉か、先生が考えたものかは分かりません。

宝物とは「物」のことじゃない。本当の宝とは「人」のことなんだ。
私たちは真っ白な地図を受け取った。
この真っ白な地図に輝く鍬ヶ崎を創っていこう。
そして、宝物のように輝く人になろう。


この本の最後で、著者の長倉洋海さんは、「せつなさや悲しみは写真に写るのだろうか」と書いています。

この本を見た限り、私にはそこに悲しみは見えなく、それよりも子ども達の笑顔やひたむきさに心が打たれました。私に子ども達が感じている思いを読みとることができないからかもしれないけれど、本に映っている子ども達は、その時にはやはりそのまま笑顔だったのではないかと思います。だって、友だちといるから。

この発表会の言葉の中に、「本当の宝物とは『人』のことなんだ」ってありますが、その宝物の「友だち」といるから、笑顔なのではないかって。

だから、一人でいるときは、3月11日の時のことを思い出して、不安になることもあるかもしれません。ただ、不安を感じても、生きていることの尊さを知った子ども達は、笑顔を忘れてはいないのだと・・・。


将来助産師になりたい女の子は次のように書いています。

3月11日の津波で亡くなられた命も多いと思うけど、
誕生した命も多くあるから、
そんな誕生する命を、私は見届けたい・・・


「誕生する命を、私は見届けたい」、この言葉が心に沁みます。東日本大震災が残した爪痕は、あまりにも残酷すぎたと思います。でも、「誕生する命を見届けたい」と思うのは、辛いことがあるけれど、生きていることは尊いこと、素晴らしいこと、その確信があってのことだと思うのです。

誕生してきた命を、私たちは見守り、大切にしていかなければならない。その当たり前の事を、当たり前にできる世の中であってほしい・・・。

| | 19:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに

久しぶりに、ヤマトのこと。

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第4章 天命篇」公開まで、あと1ヶ月! 早く観たいです。
その第4章の60秒の予告動画がアップされ、そのアップされた動画を分析されている方がいます。その方の動画がまた面白い。



予告編を見ていると、ヤマトにロボット? なんか似合わないな・・・。 蘇生体とか純粋体とかも出てきて、なんかちょっとややこしくしすぎじゃないのかなって思ってしまいます。


でもまあ、古代君さえ活躍してくれれば、かっこよければ、それでもう満足。pen1_16萌

古代君fb01


とても楽しみな第4章。その公開前に、「宇宙戦艦ヤマト2202 Ⅱ」の小説版が昨日刊行され、今日手元に届きました。今回の版には、第3章の途中までが収録されていて、私の大好きな場面だった箇所を先ず先に読みました。そして思ったことは、「やっぱり古代君はいいな~~~」pen1_16萌


明日は仕事納め。仕事始めまで、6日間のお休みがありますが、その間、このヤマトの小説をはじめ、読書を楽しみたいと思います。

| 宇宙戦艦ヤマト | 20:37 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスおめでとうございます!

いと高き所に、栄光が、神にあるように。
地の上に、平和が、
御心にかなう人々にあるように。
(聖書)


joy-to-the-world-the-lord-has-come-luke-2-11.jpg

今日はクリスマス。 クリスマス おめでとうございます。

土曜日、日曜日と帰省していました。土曜日は大阪の教会のクリスマス集会に。日曜日は神戸に住む母を、その近くにある教会を探してクリスマス礼拝に連れて行きました。

母は来年1月に80歳になります。80歳とは思えないほど元気で、11月20日の「いい夫婦の日」に開催されたボーリングの試合に、だんなさんと参加して優勝するほどです。そんな元気な母ですが、死について考えるようになってきたようです。

今年の初めにキリスト教式のお葬式に参列して、それがとても心に残り、お葬式はキリスト教式でしてもらいたいと思ったようです。そのためには教会に行かなくてはと思い、今回の教会の礼拝参加となりました。

その教会は20年程前にアメリカから宣教に来られたご夫婦が始めたようです。小さな教会でしたが、また行きたいなって思います。メッセージの前に牧師と娘さんによるミニコンサートがありました。娘さんが歌やリコーダーでクリスマス賛美をし、牧師はピアノ伴奏。娘さんも上手かったのですが、牧師のピアノ演奏がとても上手くて、びっくりしました。また、たくさんクリスマス賛美をしてくれて、もう大満足。

そして、何よりも驚いたのが次男の一言。クリスマス礼拝の最後で牧師が「イエス・キリストを信じたい方は前の方に来て下さい」と招きました。その時に、次男に一応聞いてみました。「イエス様を信じたい?」って。すると、「うん」と頷く次男! 直ぐには信じられなかったので、「本当に信じたいの?」と再度確認。するとまた、「うん」と!!

ただ前に出るのは恥ずかしいというので、前に出ることはしませんでしたが、もう嬉しくて、嬉しくて!!  礼拝が終わって、牧師さんに次男の決心を話すと、喜んでくださって、信仰書を一冊プレゼントしてくださいました。

こんなことってあるんですね。長男に続き、次男も!! 今年は本当に素晴らしいプレゼントを神さまから頂きました。感謝が尽きません。




| 聖書・信仰 | 20:20 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おめでとう!

とても個人的なことです。高3の長男が大学の公募制推薦入試に合格しました。偏差値から見ると、「大概の人は受かるのではないの?」と言われるレベルの大学かもしれませんが、長男はそこで是非学びたいことがあったので、とても喜んでいます。pen1_03喜

その大学はとてもユニークな学科をいくつか開講していて、しかもキリスト教主義(プロテスタント系で、神さまが長男を後押しして下さったのだと信じています。

夏休みまでは、進学を希望してはいても、学びたい事が見つからず暗いトンネルの中を彷徨っていた長男。それがこの大学を知り、学びたい事が見つかり、将来への夢もってからは、表情が一変しました。そして、その中で神さまが確かにいらっしゃって、長男のことを見守って下さっていると分かり、信仰を持つに到りました。本当に心からハレルヤ!です。

偏差値的には低いとしても、そこで自ら進んで学び、挑戦していく姿勢を忘れなければ、どこで学んだかは関係ない。「学ぶことで、心が疲れるということはない」とはダヴィンチの言葉のようですが、学ぶことには貪欲になって、素適な人になってほしいな。


「風はすべて追い風。私がどこを向くかだ」 という言葉を目にしましたが、向きを変えたときに、そこに神さまのあたたかな眼差しに気づいたお兄ちゃん。本当におめでとう! line_pen01ダンス

| 今日の出来事 | 19:20 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これはすごいな・・

これはすごい。このウーマンラッシュアワーという芸人さんを初めて知りました。ここまで切り込むなんて、見ていてスカッとします。



一番始めにリンクした映像が早速削除されていたので、貼り替えました。

↑この映像も削除されるかもしれないので、音声だけのものも。




この漫才について書いた記事もあります。http://lite-ra.com/2017/12/post-3665.html">こちらです。http://lite-ra.com/2017/12/post-3665.html


| 世の中のこと | 19:39 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子育て支援

昨日12/15の朝日新聞に、待機児童問題に関して、50代の保育士の方の投稿が掲載されていました。少しだけ転載します。

昔は必要に駆られ、子どもを預けていた保育園が、今は子育て支援の名のもと、その性質が少し揺らいでいるように思います。無償化となれば預ける必要のない人まで、預ける目的からパートなどに出かけ、育児から遠ざかってしまうのではと案じています。

私も同様に思います。無償化だけでなく、「子育て支援」の名のもと行われる幼稚園や保育園の延長保育にも、同じような問題が潜んでいると思います。

今行われている「子育て支援」って、母親の就労支援のような気がします。投稿者が書いているように、育児から遠ざかってしまいかねない懸念、その結果、子どもと過ごす時間が少なくなっていき、親心が喪失していきかねない懸念があるのでは。そして何より、子どもが犠牲になっているのではないかと・・・。

支援はありがたいです。無関心でいられるよりは何倍も嬉しいです。ただ、その支援の方向がどこかズレているのではないかと感じます。子どもが小さいうちは、お家の人がみんな働いている場合、お家の人とより時間を過ごせるような支援、配慮って難しいのでしょうか。

| 子育て・教育 | 15:39 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっときました、宇宙戦艦ヤマト2202 予告編。

今日の朝日新聞に掲載されていた読者投稿のことを書こうと思っていたのですが、変更。youtubeを見たら、こんな最新映像が飛び込んできたので、記録しないわけにはいきません!!

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第4章 天命篇」劇場予告編(60秒)




公開は来年1月27日。あとほぼ1ヶ月。お正月を挟むので、きっとあっという間に来るでしょうね。ワクワク感は高まる一方。四国での上映はないので、今回も岡山まで観に行きます! 本当に楽しみです。

古代君の作画がちょっとなぁ・・・って思うのは私だけ? 安定してないんですよね、古代君の作画。

| 宇宙戦艦ヤマト | 19:51 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT