FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

♪道しるべ

子ども達の頑張っている姿は、とても素適で微笑ましく、心にジーンときて涙しそうになる時もあります。

そんな子ども達を見ていて思うのは、この子達の未来が良きものでありますようにと。そして、そう思う私は、そう願うに相応しい姿を見せているのか、道を歩んでいるのかと、相も変わらず思うのです。


昨日息子が「有線大賞」を見ているのを、編み物をしながら横でチラチラ見ていました。その時、新人賞に選ばれた半崎美子さんという一人の女性シンガーの歌に聴き入りました。

「ショッピングモールの歌姫」と呼ばれ、地道な活動を17年間続け、今年メジャーデビューを果たしたそうです。その「有線大賞」で歌ったのは「サクラ〜卒業出来なかった君へ〜」という歌。素適な歌だなと思い、youtubeで彼女の歌を数曲聴いてみました。その中の「道しるべ」という歌を聴いていると、子ども達のことを思わずにはいられませんでした。

先に生まれた者として、後に生まれてきた子ども達を導けるような道を私は歩めているかと。



♪ 道しるべ

幼い頃 届かなかったつり革を背伸びをしなくても もう届くようになってた
つかまってた背中を離れ今はもう 転んでも一人で立ち上がる
あの頃の自分に胸をはれるかな
歩んだ道のりはまっすぐではないけれど
それでも何かを残してゆけるように
綴った分だけついた足跡はいつか
誰かを導く道になりますように

立ち上がって 歩けるようになってから
どれぐらい前に進んだだろう
これまでの自分を少しほめてみよう
歩んだ道のりはまっすぐではないけれど
それでも何かを残してゆけるように
綴った分だけついた足跡はいつか
誰かを導く道になりますように

選んだ道のりが間違ってはいないかと
不安になるたび後ろを振り返った
綴った分だけついた足跡はいつか
誰かを導く道になりますように
道でありますように


この歌詞にあるように、人は時に、選んだ道のりが間違ってはいないかと不安になります。でも、人間はみんな不完全です。完璧な人間はいません。だから、時には迷いながら進んでいく。迷いはあるけれど、でもその方向に光があると信じて歩んでいく。

その自分の歩んだ道が、誰かを導く道となりますように、道でありますように。良き道でありますように。そんな思いをもって歩む一人一人を神さまは、きっとあたたかい眼差しで見つめて下さっていると思います。

| 子育て・教育 | 19:40 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |