FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

子育て支援

昨日12/15の朝日新聞に、待機児童問題に関して、50代の保育士の方の投稿が掲載されていました。少しだけ転載します。

昔は必要に駆られ、子どもを預けていた保育園が、今は子育て支援の名のもと、その性質が少し揺らいでいるように思います。無償化となれば預ける必要のない人まで、預ける目的からパートなどに出かけ、育児から遠ざかってしまうのではと案じています。

私も同様に思います。無償化だけでなく、「子育て支援」の名のもと行われる幼稚園や保育園の延長保育にも、同じような問題が潜んでいると思います。

今行われている「子育て支援」って、母親の就労支援のような気がします。投稿者が書いているように、育児から遠ざかってしまいかねない懸念、その結果、子どもと過ごす時間が少なくなっていき、親心が喪失していきかねない懸念があるのでは。そして何より、子どもが犠牲になっているのではないかと・・・。

支援はありがたいです。無関心でいられるよりは何倍も嬉しいです。ただ、その支援の方向がどこかズレているのではないかと感じます。子どもが小さいうちは、お家の人がみんな働いている場合、お家の人とより時間を過ごせるような支援、配慮って難しいのでしょうか。

| 子育て・教育 | 15:39 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |