FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

心揺さぶられた絵本

 近くの図書館に立ち寄って、偶然目にした絵本、『石たちの声がきこえる』。初めに背表紙のタイトルだけを見たときは、手に取るつもりはありませんでした。他の絵本を何冊か手にとって読んだのですが、その絵本がなとなく気にかかりました。絵本が呼んでいる、と言った方が正確かもしれません。

 そして、手にして、読んでみたら、心揺さぶられました。



 表紙をめくると、まず「平和を力で保つことはできない。平和はただ分かり合うことによってのみ、実現されうるのだ」というアインシュタインの言葉で始まります。

 この絵本の絵(絵と言うのはせいかくではありませんが)は、石でできています。今もシリアに住んでいる画家がシリア難民の様子を石で、全て石で表現しています。既に借りている本が上限に達していたので、この絵本を借りることはできなかったので詳細まで覚えていません。でも、そこに表現されている石の色んな表情から、作者の思いがひしひしと伝わってきた、その心の震えは今も鮮明です。

 平和への思いが、ずっしりと伝わってきます。

 この画家の方に関して少し調べてみたら、この方のサイトがありました。こちらです。

 facebookもされています。「Nizar Ali Badr」で検索すると、彼が石で作った作品をみることができます。その中の一つだけ拝借しました。

49623485_456264378244921_3564449446928318464_n.jpg

 youtubeでも彼の作品がアップされています。




 本自体も素晴らしいものでしたし、少しでも役立つのではないかと思うので、この絵本を購入するつもりです。
 シリア難民は今も増え続けています。自分たちの国に、家に戻れる日が来ますように。

| 本・絵本 | 20:02 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |