FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

内村鑑三

『身近に接した内村鑑三』という本を読んでいます。
上中下巻と3巻あって、今下巻を読んでいる最中ですが、ますます内村鑑三に魅せられていきます。

内村鑑三の色んな言葉が紹介されていて、教えられることが多いです。
その中で、昨日はこんな言葉に出合いました。

愛を与えよと祈るのではない。
すでにもっている愛を、使うことを得しめ給えと祈るべきである。



ふとした折に、愛のない自分を感じ、神様に愛を与えてください、と祈ることがあります。
でも、この内村鑑三の言葉が、すとんと腑に落ちました。

生きていく上で大切な愛を、神様はちゃんと与えて下さっているんですよね。
それをいかに生かすか、それは一人一人にかかっている。


もしもタイムスリップすることができるのなら、内村鑑三の話を聞いてみたい。
あの時代に、彼の話を聞くために、朝に夕に500~800名近い人が集まったというのだから、それも毎週日曜日、凄いなと思います。
関連記事

| 聖書・信仰 | 14:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

愛希穂さん 読書家ですね。
凄いです。
わたしも内村鑑三大好きです。
信仰者として尊敬しています。

| ピーちゃん | 2016/08/28 21:51 | URL | ≫ EDIT

ピーちゃん様

ピーちゃん様も内村鑑三を尊敬されているんですね。
彼の書いた『ロマ書の研究』を去年ぐらいに読んだのですが、素晴らしかったです。
彼のようなキリスト者がこの日本にもいたということは、神様の大きな恵みだと思います。

| 愛希穂 | 2016/08/29 18:34 | URL |

こんにちは~!
例の『余はいかにして・・』の現代訳、読みました。
わかりやすくて、なかなか良かったです。
「ぼく」もほぼ気にならなかったですよ。
魂を揺さぶられました。(^^)

| ジェイジェイ | 2016/09/04 12:15 | URL |

ジェイジェイ様

こんにちは!
読み終わったのですね。
確かに現代語訳の方が読みやすいですよね。
「ぼく」を気にせず、私も現代語訳版を読んでみようかな・・・。
内村鑑三はいいですよね。最近ますます、傾倒しています。

| 愛希穂 | 2016/09/04 14:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mytribute12lord.blog.fc2.com/tb.php/2439-469280ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT