FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「宇宙戦艦ヤマト2202 第6章」 古代君・・・

宇宙戦艦ヤマト2202 第6章」の先行上映が東京であり、その感想がオフィシャルサイトで少しですが出ています。

なんでも安心して鑑賞したい私は、ネタバレがありがたいので、気にせずそういうコメントも読んでいます。
第6章はよかったようで、「これぞヤマト、それでこそ古代進」みたいなのがあり、期待は高まるばかり。

第6章の冒頭10分映像で、山本を庇おうと、雪が負傷するような場面があり、それを見たときに、「これで雪の記憶が戻るのかな」なんて思っていたら、どうもそのようなのです。

しかし、記憶が戻るということは、記憶を失っていた4年間のことはなかったことになり、古代君に対し、「あなたは誰?」。
そして、崩れ落ちる古代君・・・のようであります。
この辛い現実を古代進はどう乗り越えていくのでしょう・・・みたいな書き込みも。
多分、これ↓にも負けじとも劣らない悲しみを古代君は、第6章で抱えることになるのでしょうね。

26-17.png

しかし、それにしてもなんという展開。雪の記憶から古代君が消し去られてしまうなんて・・・。


オリジナルヤマトに関して、その二次小説を色んな方が書かれて、その中で、この反対のシチュエーションがありました。
「ヤマト3」を題材にしていて、古代君が行方不明になり、ある星で救助された。その星にヤマトが到着して古代君を発見するけれど、古代君は記憶を失ってしまっていたという設定。だから雪のことも分からない。婚約しているということも分からない。

でも、古代君は雪のことを、初めて会う人なのに、どこか懐かしく、思いが通じ合う、そんな感じを抱き、その星にいるつもりだったけど、雪と一緒に帰ろうと決心する。


そのように、雪は記憶を取り戻し、古代君が誰だか分からなくなったけれど、でも惹かれる何かを感じるのではないかと期待しています。

あるいは、テレサかあるいは、2199のユリーシャが出てきて、雪の記憶を、古代君との記憶を取り戻させるとか・・・。


きっと最後は「あ~よかった」と胸をなで下ろせると思うのですが、とにかく早く観たい第6章。


関連記事

| 宇宙戦艦ヤマト | 18:37 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

うう (。>_<。)

どうしましょ~ (>o<)。
そして雪が死んでしまうようなことになったら、
私は耐えられません (TT)。
あ゛~、愛希穂さま。
助けてください~ (TT)。

| ゆきんこ | 2018/10/25 21:40 | URL |

Re: うう (。>_<。)

ゆきんこ様

雪が死ぬようなことはないと思ってはいるのですが、7章のあのビジュアル。
「さらば」で古代君が雪を抱いて巨大戦艦に向かっていく、あのシーンを彷彿とさせます。
それを思うと、心穏やかにはいられません。というより、「もしも」と思うと、打ちのめされた感が半端ないです。

雪が死んでしまうということは、古代君が際限のない苦悩に落ち込むことでもあり、どちらも共に私にも耐えられません。
「さらば」を観たときの、あの悲しみは一度きりでもう充分です。


「復活篇」があるし、この「愛の戦士達」に「さらば」がつかないから、古代君や雪が死ぬようなことはないと思っていたのですが、今は不安でなりません。

古代君と雪を、ヤマトクルーを、キーマンをお守りくださいと脚本家に願うしかないです・・・。

| 愛希穂 | 2018/10/26 18:16 | URL |

おはようございます!

2199がTV放映になり、
またもや観始めている息子、

家にDVDがあるのに、また毎回予約録画で観て、、

あの、一話づつ観ていくワクワクがイイんでしょうか、
CMに入る、次回に続く、、ドキドキ、

なんだぁかんだとケチをつけている第6章、
結局、劇場で観たいと言い出しまして、

公開が楽しみだそうです( ´∀` )!

| ダリルジョン | 2018/11/02 06:25 | URL |

Re: おはようございます!

ダリルジョン様、

第6章、劇場で是非ご覧になってください。私はとても楽しめました。良かったです。
「ここで終わるの!」っていう場面で終わりますが。

今日だけで3回観たのですが、その度に涙が出てきました。

| 愛希穂 | 2018/11/02 20:37 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT