FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「宇宙戦艦ヤマト2202」・・・気になるラスト

宇宙戦艦ヤマト2202のサイトに、「シリーズのラストとなる第七章に向けて」と脚本家の方の気になる談話が載っていました。(サイトはこちら) 転載します。

みなさんは色々と予想をしていると思いますが、…まあ、当たらないだろうな(笑)。『ヤマト』的には、かつてない感じです。当時、『さらば』がああいう最後で本当に良かったのかと思った人もいれば、涙をした人も沢山いて、その後の展開もあって…それぞれに複雑な思いもあるじゃないですか、その全てを“ありき”。そう受け止められているのが『ヤマト』であるという前提の上で、今一番相応わしいランディング(着地)とはなんだろうと考えました。後は頑張って作ってもらうと(笑)。

言い切ってます、みんながしている予想は「当たらないだろうな」と。
「かつてない感じ」、いったいどんな感じ? 気になって仕方がありません。

「さらば」も「2」も、「その全てを“ありき”」という前提でのラスト。と言うなら、やはり古代君は大丈夫ですよね。じゃないと、その後が続かないと思うので。でも、怖いのは、この思いこみを壊しに来ないかということ。

でも、第6章での「生きろ」というメッセージを考えると、それはないかな。

楽しみに待っていればいのでしょうが、古代君がどうなるのか、気になって仕方がありません。

21-05.png
関連記事

| 宇宙戦艦ヤマト | 19:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

おはようございます!

「かつてない感じ」、、、?

気になりますねぇ~
「大どんでん返し」ってことなのかな?

余計にッ予想してしまいますよね!

前回コメに少し書きましてけれど、
松本零士氏との和解?と言っていいのか、
っていう路線もありですかね、
「松本零士創作ノート」というう本で書かれた
内容を考えると、あの旧作テレビシリーズは、
彼を無くしては、出来上がらなかったし、
人物・キャラ・メカ設定も2199に反映されている、
もしかしたらですけれど、
有り得なくも無いかな?


Amazonの本のカスタマレビューから、
摺田誉美さんの一説です。


最新作『宇宙戦艦ヤマト2199』を見よ。

1.女性キャラクター「山本玲(あきら)」→松本晟(あきら)は松本氏の本名で一字違いの名。しかも「玲」を本人いわく、「レイでかまいません。」とまで言わせている。「レイ」はもちろん「零士」の「レイ」。

2.敵将ドメルの肩にとまる「トリさん」、佐渡先生の愛猫「ミーくん」→言わずと知れた松本作品に欠かせない動物キャラ。

3.ドメルの妻の初登場シーンでの服装はどう見ても「メーテル」である。

その他、細かいことを挙げればきりがない。(古代守の件は最終回のネタバレになるので触れない)

「言葉ではなくその行動で」(ユリーシャ=イスカンダル)で判断すれば、本当の原作者は誰なのかわかるだろう。
クリエイター諸氏はクレジットこそ原案にプロデューサー氏の名を載せ、遺族の意向に沿ったのかもしれないが、
作品のそこかしこでクリエイターとしての松本氏に最大の敬意を払ったと私は見ている、、、




マスマス、エンディングがわからない、
終わらせることで、続きを造り出そうとしている、、、


また来ます、ではではー!

| ダリルジョン | 2018/11/23 08:10 | URL |

Re: おはようございます!

ダリルジョン様、

そうなんです。気になって、ますます色々と考えてしまいます。
でも、そういう悩みもヤマトがあってこその、幸せな一時なのでしょうね。

松本零士さんとの和解めいたことは、私もなんとなく聞いたことがあります。
松本零士さんの意向が何等かの形で影響してくるなら、彼は「さらば」のあの、みんなが死んでいくラストには反対だったと聞いたことがあるので、2202のラストは「さらば」のようにはならないですね。

それにしても、「山本玲」の件はなるほど、って思いました。
ドメル将軍の奥さんは、私もメーテルにどことなく似ているなって感じていました。ついでに言うなら、「2202」の第5章で出てきた、マティウスのお母さん(デスラー総統のお母さん)、その声はメーテルそのものだし、雰囲気もメーテルですよね。


2202のラストが近づいてきていて、ラストを色々と想像しているファンは多いと思いますが、それ以上に、続きはあるのか、それが気になっていると思います。

私はぜひとも作ってほしいです。守お兄さんは亡くなってしまっているので、「新たなる旅立ち」はないでしょうが、「永遠に」か「3」のようなものなんかどうかなって。

あと、「復活篇」の、これは一からのやり直しを、できるのならばしてほしいです。

色々と言われるヤマトですが、ヤマトはやっぱりいいですね!!

| 愛希穂 | 2018/11/23 15:29 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT