FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「多弱」野党の進むべき道(朝日新聞記事より)

 今日1/7の朝日新聞に、「『多弱』野党の進むべき道は」と題して、河野洋平元衆院議長と小沢一郎さんへのインタビュー記事が掲載されていました。面白かいのが、野党に対して、お二人とも同じ事を指摘していることです。
 野党に足りないのは何かという質問に対して、「執念がない」と。

 河野氏: 選挙に対する執念が違う。集票のための執念。選挙に対する執念がないと野党連携の際に「誰と組むのはいいが、誰とは組みたくない」となる。

 小沢氏: 個別の好き嫌いだの、経緯だのを気にして「一緒になれない」とやっているのは、あまりに幼稚だ。自民党を見なさい極右からリベラルまで一緒にやっている。公明党も創価学会も安倍内閣とずいぶん違った意見を言ってきたはずなのに、一緒になっている。執念と志が欠けている。かつて自民党は社会党を引っ張り込んでまで政権を取った。このしたたかさ、執着心が重要だ。


 執念。どうしても政権を取りたいという執念。野党を見ていたら確かにそれは感じられないです。
 小沢さんが枝野さんに「みんなまとまらなければいけない」という話をしたけれども、最終的に枝野さんは「自分たちだけでやる」とのことだったそうです。今年の夏に行われる参院選までに、枝野さんのそんな考えが変わるといいのですが。

 本当に自民党を追い込みたかったら、野党がまとまるしかないのは一目瞭然です。なのに、「あの党とは一緒にできない」「我々だけでやる」なんて言うのを聞くと、本当に政権を取りたいのかなって思ってしまいます。

 もう一つ面白かったのは、河野さんの次の指摘。
 国民民主党は反対するだけでは主張が通らないとして「対案路線」を掲げている、という質問に対し、次のように答えていました。

 与党が暴走している時は、とにかく止めることが第一。対案をだしてどうするか、じゃなく、それはやるな、という戦いなんですら。野党は政権党を倒すことが役割。徹底的に政権党を批判しなくてはいけない。


 お二人の談話を読んでいたら、どうしても政権を取りたいって思っている野党の人は、そう多くはないのではないかって感じました。本当に政権を取りたいなら、せめて統一名簿を実現してほしいです。
関連記事

| 新聞記事 | 19:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT