FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気を引き締めて

 伊集院静氏が「仕事とは何か?」という問いに対して、次のように書かれていたそうです。

 仕事とは何か。答は簡単です。朝に目が覚めて、まず最初に考えること。それが即ち、その人の仕事なのです。

 農業を営む人は、目が覚めるとまず今朝の気温はどうだろうか、と考えます。畑に霜が降りていないだろうか。作物は大丈夫だろうかと。また、漁師たちはまず考えます。教の風はどうだろうか。海は時化ていないか。船を出せるだろかと。

 ・・・それが彼らにとっての仕事、生きる上で一番大切なことだからです。合うとか合わないとか、やりたいとかやりたくないとか、仕事とはそういう基準で測るものではありません。生きていくためにやるべきこと。家族を守るために続けていくこと。それが仕事というものなのです。


 生きていくためにやるべきこと。誰かのためになること。そういう思いで仕事をしているかと言えば、ちょっとあやしいです。そういう曖昧さが駄目なわけではありません。でも、仕事をするのならば、しっかりと思いを持って取り組んでいこうと、忘れかけていたことを思い出すことができました。それは、目にした一枚の用紙から。

 ある所の教育長が替わりました。
 その教育長さんが、ある教育関係の職場のトップになって、その職場の雰囲気が良い方向にガラッと変わったと聞きました。どんな方かしらと思っていたら、その教育長さんの書いたものを読む機会があり、職場の雰囲気が変わったという、その話は本当だと確信しました。私もまた、その方が書いたものを読むことで、心を引き締められたから。

 その教育長さんは、毎日A4版1枚に自分の考えを述べたり、情報提供をしてきたりしていて、これからも同じように発信を続けていきたいと書いていました。

 A4版の用紙だと、1500字ぐらいになるかと思いますが、それぐらいの量で毎日、自分の思いを書くというのは、私にはとてもできそうにありません。

 でも、考えてみれば、日々何かを感じ、思い、考えているはずで、そういうのを言葉にできないということはないはず。せっかく日記をつけているのだから、単なる記録にとどめず、思いや考えを、もう少し深くしたためていきたいなと思います。


トップが替われば、職場も変わる。 そのことは、国にもきっと当てはまるはず。替えたい、変わってほしいと思っている人は多いと思います。
関連記事

| 心に響いた言葉 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mytribute12lord.blog.fc2.com/tb.php/3053-1e027838

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT