FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『職業は武装解除』

『職業は武装解除』



 こういうタイトルを見ると、驚くと思います。危ないは人ではないのかと。
 でも、全然違います。こういう本は広く読まれて欲しい。特に若者、高校生、大学生に読まれてほしいです。
 書かれている内容もそうですが、自分の将来をどうやって選び取っていくか、その助けになると思います。

 この本の著者は女性です。タイトルからすれば、男性かなって思うかもしれませんが。
 著者はみんなが知らないようなこと、興味を持たない「未知」のものに目が向かう子どもだったそうです。そんな彼女に、外国というものは分かりやすい「未知」のものだった。そして、外国と言えば、まずは英語。ということで、英語の勉強に没頭します。

 そして、高3の4月に、新聞でルワンダでの難民キャンプの親子の写真を見たのをきっかけに、紛争解決の仕事をしたいと思うようになりました。それで、それまで決められなかった進学先を決め、大学へ。

大学では紛争解決に関する講義はないので、図書館で関連する専門書を読み漁り、数少ないアフリカの紛争に関するセミナーや学外の研究機関が行なっている情報を探しては研究者の人に話を聞きに行ったりします。また、海外に行くにはまず英会話を実用レベルにしなければならない。そのための努力も惜しまない。また、海外での経験を積むことを最優先していたから勉強以外の時間はアルバイトを掛け持ち。

 その結果、大学3年の夏に念願のルワンダでホームステイをさせてもらう。その体験を通して、「肩書きも所属も関係なく、身一つで現場に放り込まれても変化を生める人間になる」と彼女は目標を定めます。

 帰国後できるだけ実務能力を身につけようと、関連する NGOでインターンを開始。日本の大学では紛争解決を学ぶ機会がなかったから、色々調べてイギリスの大学院に留学。そこで紛争解決学を学び、卒業後、ボスニア、ヘルツェゴビナ、クロアチアで現地調査を実施。日本に帰国後は学生時代にインターンをしていた日本の NGO 組織から誘いがあり、ルワンダに新しく立ち上げる現地事務所の駐在員に。その時23歳。そこから彼女の人生は広がっていく。

 23歳 ルワンダで NGO職員
 24歳 シエラレオネで 国連ボランティア
 26歳 アフガニスタンで日本大使館員
 29歳 コートジボワールで国連 PKO職員
 31歳 ケニア、ソマリア、南スーダン、バルカン地域でjccp 事務局長

 これらの活動内容が本書には書かれています。実際に紛争地だったところで、時には紛争中のところで体験した中から発せられる彼女の言葉、思いは深く心にしみます。
 
 その中から一つ書きます。彼女の仕事は武装解除なので、紛争地だった地域が彼女の活動場所。その紛争地から見えた日本の姿を彼女は次のように記しています。

1)「日本が言うから、信頼して武器を差し出すんだ。アフガニスタンの民を無差別に空爆しているアメリカやイギリスに言われたら撃ち殺してやる」――カブールで 武装解除の現場で兵士たちに言われた言葉

2)バルカン地域の内戦に関与していない日本は和解という微妙な問題にも、中立的な立場で関わってくれると地元民から信頼されている。

3)アフガニスタンでは、日本人が言うからと、信頼して兵士たちは武器を差し出した。ソマリアでは、アフリカで植民地支配をしたことがなく、支援を行う際にも政治的な思惑を突きつけない日本は、中立的な印象を持たれている。そして、第二次対戦であそこまで破壊された日本が復興した姿を見て、今はボロボロの自分たちの国も日本のようになれるのではないかという希望を与える存在となっている。


 この日本の姿は憲法9条があればこそ。

 また、次のようにも書いています。

 世界の紛争解決のために国際貢献をする上で、今までのように資金協力をするか自衛隊を派遣するかの二択ではない、新たな選択肢をつくることが重要になってきていると思う。ニーズがあるけれどやり手がいない分野のスキルを有する専門家が、現地政府や民間企業とともに、その国紛争解決や経済発展の為に協力するということだ。

 この変わりゆく世界で、これからの50年を歩むうえでの、ありたい姿を私たちは作っていかなければならない。まだ、日本に進むべき選択肢が複数残っていて、新たな選択肢を私たちが自らの手で作り出すことができるうちに。


 資金協力や自衛隊派遣以外の国際貢献の選択肢がある。それ以外の選択肢こそ、日本だからこそできるものだと思います。憲法第9条がある日本だからこそ。
 

 「亡くなった人たちが、また生まれてきたいと思う国をつくる」、そんな言葉を聞いたことがあるそうです。

 また生まれてきたい、生まれてきてよかったと思える、そんな国をつくる。それは、今生きている私たちが成していくこと。

 終戦、敗戦のこの日に、改めて憲法第9条の重さ、尊さをかみしめることができました。

 現実は、ときに直視するのも耐え難いくらい、厳しい。
 でも、それでもわずかでも希望がある限り、「自由に行動することができる権利」を最大限使って生きていく道を、私はこれからも選んでいくと思う。誰かのためにではなく、自分が生きる社会の行く末を、自ら選び取っていくために。

関連記事

| | 13:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/08/16 14:13 | |

鍵コメ様

メッセージの方に、返信しますね。

| 愛希穂 | 2019/08/16 18:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT