FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京での一泊二日

 ヤマトのコンサートの余韻がまだ冷めません。もう少しヤマトのことを書きたいのですが、今日は東京でもう一つ訪れた場所のことを書きます。

 月曜日、朝一番の飛行機で東京に向かう予定でした。でも、台風の影響で乗務員の調整に手間取ったようで、なんと150分遅れでの出発となりました。

 到着して、そのまま内村鑑三の記念館のような所に行きました。「今井館」と呼ばれていて、首都大学の近くにあります。

内村0

そこで3時間近くを過ごしました。内村鑑三や矢内原忠雄の著作を読んだり、展示されている内村鑑三の若い頃からの写真に見入ったり。

内村4

↑ これを見つけて、心は躍る。この言葉は本で何回も見てきましたが、直筆を見たのは初めてです。

 会員になれば、ここにある本を借りられるということで、早速会員になり、本を2冊借りました。
『内村鑑三著作全集』と『人生の選択』(矢内原忠雄 著)の2冊。『人生の選択』は読みたいと思っていたものの、絶版となったのか、手に入れることができないでいました。

内村

 この今井館の当番をしていた年配の女性と少しだけ話したところ、なんとこの方、矢内原忠雄のキリスト教講義を何回か聴いたことがあるとのこと。「羨ましいです!」と言ったら、「でも、とても怖い方でしたよ」とのこと。

 矢内原忠雄がとても厳しい方であるというのは、聞いたことがあって、息子でさえ「この人が父親でなかったら・・・」と思ったことがあると本で読んだことがあります。それでも、ただ厳しいだけ、怖いだけの人ではなかったと思います。


 東京で行ったのは、この今井館とコンサートが行われたオーチャードホールだけ。東京で1泊して帰ってきたのですが、飛行機も昼過ぎの便。せっかく東京まで行ったのに、そんな淡泊な過ごし方に、同僚は「もっとゆっくりしてきたらよかったのに」、「スカイツリーとか見てきたらよかったのに」と、ちょっとびっくりした感じでした。

 でも、大好きなヤマトと、尊敬する内村鑑三、矢内原忠雄の空気に触れることができて、私はもうそれだけで大満足です。
関連記事

| ひとりごと | 18:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT