FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『貧困大国アメリカ』

 2002年春、ブッシュ政権は新しい教育改革法(「落ちこぼれゼロ法」)を打ち出した。
 「アメリカでは高校中退者が年々増えており、学力テストの成績も国際的に遅れを取っている。学力の低下は国力の低下である。よってこれからは国が教育を管理する」
 どうやって管理するか?
 競争を導入する。
 どんな競争?
 全国一斉学力テストを義務化する。ただし、学力テストの結果については教師および学校側に責任を問うものとする。良い成績を出した学校にはボーナスが出るが、悪い成績を出した学校はしかるべき処置を受ける。たとえば教師は降格か免職、学校の助成金は削減または全額カットで廃校になる。
 競争システムがサービスの質を上げ、学力の向上が国力につながるという論理だ。
 教育に競争が導入されたことにより教師たちは追いつめられ、結果が出せなかった者は次々に職を追われた。だが、この法律の別の目的は別なところにあったと言われている。
 「個人情報です」



 落ちこぼれゼロ法案にはこんな一項があったという・・・すべての高校は生徒の個人情報を軍のリクルーターに提出すること、もし拒否したら助成金をカットする。
 裕福な生徒が通う高校は個人情報など出さない。でも、貧しい地域の高校、州からの補助金だけで運営しているところは選択肢がないため、やむなく生徒の個人情報を提出する。

 そして、将来の見通しが暗い生徒たちのリストが作られ、そこに軍のリクルーターが電話をかけてくるという。

 これは、『貧困大国アメリカ』に書かれていたことです。全然知らないアメリカの姿がそこにありました。

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
堤 未果

岩波書店 2008-01-22
売り上げランキング : 14353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 アメリカには日本のような保険制度がなく、医療費が高いと聞いたことはあります。でも、それは驚くものでした。一度の入院で破産する人、貧困層に転落する人々がいる。
 奨学金の返済のため、軍のリクルーターの巧妙な話に騙されて、軍に入る若者たち。

 「もはや徴兵制など必要ない」
 「政府は格差を拡大する政策を次々に打ち出すだけでいいのです。経済的に追い詰められた国民は、黙っていてもイデオロギーのためではなく生活苦から戦争に行ってくれますから。あるものは兵士として、またある者は戦争請負会社の派遣社員として、巨大な利益を生み出す戦争ビジネスを支えてくれるのです。大企業は潤い、政府の中枢にいる人間たちをその資金力でバックアップする。」

 

 安易に民営化を支持したために、決して手をつけてはいけない医療や暮らし、子供達の未来に関わる教育が市場に引きずりこまれていくことにブレーキをかけられなかったアメリカ。その結果、国民はどうなっていっているかが描かれています。

 今、日本は9条で一応国民は守られていますが、アメリカでは、生きることが困難になった人々が、戦争へと動員されていっている。
 その9条が改悪されたら・・・。
 イラクへ派遣されて(軍に入ってイラクに派遣された人もいれば、派遣会社から民間人の肩書きでイラクへ派遣された人もいます)、その結果、どうなったか。
 アメリカ国籍を持つ人だけではありません。そのターゲットは世界中の貧困層で、実際イラクには、フィリピン、中国、バングラデシュ、インド、ネパール、シエラ・レオネ等から派遣されていたという。

 生存権さえ脅かされそうになって、お金のために、軍に入ったり、戦地に行ったりするのが愚かなのだという人もいるでしょう。
 でも、そのように人を追い詰める社会のあり方、生存権を奪おうとする社会のあり方のほうがおかしいのではないかと思います。


 TPP交渉に参加すると政府は表明しましたが、そうなれば、この本に描かれている人々の姿は、日本の私たちの姿になるかもしれない。
 それほどの危機感を持たなければいけない。
 貧困層に転落、生活保護・・・そんなの自分には関係ない。そう思っている人は多いと思います。私のそうです。でも、同じように考えていた人たちが、自分の身に降りかかってきて、他人事ではなかったと言っています。


 「戦争しているのは政府だとか、単に戦争vs平和と言う国家単位の対立軸ではもはや人々を動かせないことに、運動家は気づかなければなりません。私たち帰還兵も、民営化された戦争を支える戦争請負会社やグローバル派遣会社の実態を知らせるだけでは弱いのです。
 何よりそれら大企業を支えているのが、実は今まで自分たちが何の疑問も持たずに続けてきた消費至上ライフスタイルだったと言う認識と責任意識を、まず声をあげる側がしっかりと持つことで初めて説得力が出てくるのです」(「イラク帰還兵反戦の会」創設者)


一つの国家や政府の時代ではなく、人間が人間らしく誇りをもって幸せに生きられるために書かれた憲法は、どんな理不尽な力がねじ伏せようとしても決して手放してはいけない理想であり、国をおかしな方向に誘導する政府にブレーキをかけるために私たちが持つ最強の武器もある。それをものさしにして国民が現実をしっかりと見つめたとき、紙の上の理念には息が吹き込まれ、民主主義は成熟し始めるだろう。

日本の「現実」は何でしょうか。
安倍政権になって、円安となり、株価が上がり、経済が上向きになってきているのが、現実でしょうか。
それは、ただの幻想でしかないのではないでしょうか。
今も3・11の被害からの復興はされておらず、原発事故の影響、放射能の危険はまだまだ存在し、社会保障は削減され、弱者は切り捨てられているのが現実ではないでしょうか。
憲法改悪により、戦地へ送られることも、あり得ないことではなくなってきていると思います。

夢物語を見ている場合ではないんですよね。願望を思い描いているだけではだめなんですよね。


無知や無関心は「変えられないのでは」という恐怖を生み、いつしか無力感となって私たちから力を奪う。だが目を伏せて口をつぐんだとき、私たちは初めて負けるのだ。そして大人が自ら舞台降りた時が、子ども達にとっての絶望の始まりになる。

あきらめさえしなければ、次世代に手渡せるものは限りなく貴い。


これらの言葉で著者は締めくくっています。

「だが目を伏せて口をつぐんだとき、私たちは初めて負けるのだ。そして大人が自ら舞台降りた時が、子ども達にとっての絶望の始まりになる。」

こうならないためにも、無関心、見ないふりはできない。


この本を読んで感じたのは、人間の持つ強欲さ、非情さ、そして、弱さ。

そして、そういったものの解決は、神以外にはないのだと、私はやはり思います。
関連記事

| 本・評論、新書、エッセイ | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mytribute12lord.blog.fc2.com/tb.php/885-ce7322ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT