FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

♪飛び立とう 未来信じて

 この時期、卒業式が小学校や中学校で行われます。
 卒業式で歌われる歌と言えば、私が学生の頃は「仰げば尊し」が定番だったと思います。でも、今は「旅立ちの日に」のようです。

 長男の卒業式で初めて聞いて、もう涙が溢れて止まりませんでした。本当にいい歌だと思います。

 小学6年生の子ども達がこの歌を一所懸命に歌っていました。そして、その歌詞を聴きながら、ふと考えさせられました。

 「飛び立とう 未来信じて」と子ども達は歌っていました。「未来信じて」と歌う彼らに、私たち大人は、どんな未来を遺してあげられるのだろうか。「明るい未来」「大変、でも大丈夫だと言える未来」を、日本の現状を思うと、とても遺してあげられないのではないか。
 大多数が何も考えず、株価が上がった、景気が回復したなどと浮かれるばかりだと、今のまま、あらゆることがなし崩しに勧められ、「誰かに虐げられるだけの未来」「搾取されるだけの未来」「とてもこんな国では生きていけない未来」を、「未来を信じる」子ども達に遺してしまうことになるではないか。

 今さえよければいいのではない。未来は全ての人にあるべきもの。権力者達が好き勝手にできるものではない。
「未来を信じよう」「翼を広げて飛び立とう」・・・そう願う子ども達に、権力者達が今用意しようとしているものは何か。

 嘘で塗り固めた自分たちを恥ずかしいとは思わないのでしょうか・・・。

 卒業式というのもあるけれど、こういう時勢だからなお、子ども達の歌うこの歌が一段と心にしみました。



白い光の中に 山並みは萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由をかける鳥よ 振り返ることもせず

勇気を翼にこめて 希望の風にのり
この広い大空に 夢をたくして

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強く抱いて

勇気を翼にこめて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢をたくして

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

今 別れのとき 飛び立とう 未来信じて
弾む 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

関連記事

| 子育て・教育 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mytribute12lord.blog.fc2.com/tb.php/898-9e299025

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT