FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

≫ EDIT

知るということ、知らないということ

 昨日2/22の朝日新聞 オピニオン面掲載の記事です。

asahi0223.jpg

 後半部分を転載します。

  我々は彼らのウソを知っている
 彼らも彼ら自身がウソをついていることを知っている
 彼らは我々が彼らのウソを知っていることを知っている。
 我々も知っている。彼らは我々が彼らのウソを知ることを知っていることを
 それでも彼らはウソをつき続ける

 7年前のSARSを機に中国各地で環境NGOが活発化した。私も民主主義の芽吹きを期待した。伝染病も公害も、貧富の格差や思想信条を超えて同じ苦しみを広く面で与える。 高度成長期の日本では、公害が地方自治体の首長を次々に交代させた。自由な選挙がない中国でも、人々が連帯して権力に物申し、実態として政治のパワーを持つかもしれないと思ったのだ。

 しかし、いや、だからこそ、中国共産党は人々の連帯を注意深く断ち、政府系NGOという倒錯した組織に収斂させていった。 社会の分断は市民の力をそぎ、権力者のウソが追及される恐れを減らす。そして、権力は増長し、情報は隠蔽される。

 独裁国家だけだろうか。
 新型肺炎だけだろうか。

 文書が気楽に消えてしまう国では、経験の英知も気軽に崩れる。ともに声をあげなければ、それはウソだと言わなければ、彼らはウソをつき続けられる。 事実とウソの境界が溶けたとき、不信は連鎖し、社会は不安に陥る。
 私は声をあげるひとりでありたい。



 おかしな事には、「おかしい」と言える者でありたいと思うのですが、私が「おかしい」と感じても、なんとも感じない人もいます。

 先日知人と話をしていて、コロナウィルスの話題から現政権の話になりました。すると、30代の知人が
「今までの首相と比べたら、ア ベ首相がまだいいと思う。他に誰がいますか?」
 と、私には驚きの言葉が返ってきました。
 
 「彼が今まで何をしてきたか、知ってるの?」と聞くと、「よく知らない」との答え。
 その返事にもびっくりして、ついつい言ってしまいました。

 「このままいくと、さよなら三権分立になると思う。よく知らないなら、知ってほしい。」


 現首相が、内閣が何をしてきたのか。ちゃんと知らないから、彼がいい、なんて言えるのでしょうか。 
 では、どうして知らないのか。(私も詳しいわけではありませんが。)

 知ろうとしないことが一つ。
 知ろうと思っても、情報がない、ということも一つ。

 現首相や内閣の情報はあります。でも、政治家一人一人が何をしているか、どのような発言をしているか等については、それが野党になれば、なおさらに、情報は少ないです。

 だから、「ア ベさんの代わりになるような人はいない」ということにもなるのかもしれません。

 情報の非対称がここにも。マスコミは意図してそうしているのかどうかは知りませんが、「知らない」ということは、何かを判断するときに、正しく判断する力を削いでしまうものなのだと、しみじみと思いました。

 知らないことはいっぱいありますし、何でもかんでも知ることができるわけでもありません。
 でも、知る必要のあることは、知る努力をしていかなくては。

| 世の中のこと | 17:07 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『生きていくあなたへ』

 2年程前に召された日野原先生の最後の著書を読みました。心が洗われる、そんな一冊です。
 対談形式のこの本。読んでいると、日野原先生の声が聞こえてくるようです。



 「命は私たちが使える時間の中にある」
 そう先生は言います。その時間を私はどのように使っているか。自問自答せずにはいられません。
 誰かを想い、その人の為に時間を使う。そう生きる自分でありたい。

 誰かを“ゆるす”という時、私は「赦す」という漢字を使います。日野原先生は「恕す」を使うと書いていました。
「恕」・・・心の如くに。
 「ゆるすとは、誰かに許可を出すとか、悪いことをした人をゆるすということではなく、『相手のことを自分の如く思う心』」
 日野原先生が言うようにできたらと思いますが、ゆるしがたい人をゆるす、ということは簡単にできることでもありません。


 輪嶋さんという方が「おわりに」で日野原先生に向けて文章を書いていますが、その言葉を読んでいると、涙がじわーっと出てきました。
たくさんたくさんの幸せをくださって、
そして 言葉の力を教えてくださって
ありがとうございます。
再会を信じています。
 日野原先生、本当に愛されていらっしゃったんですね。そのように見送られる者となりたい。

 この輪嶋さんは韓国のテノール歌手、ベー・チェチョルさんのプロデューサーのようです。
 ベー・チェチョルさんのこと、この本を読んで初めて知りました。この方はあと少しで世界の頂点に届くという時に、突然甲状腺癌に倒れ、癌を摘出するために、声帯と横隔膜の神経を切断。話す声すら出なくなってしまいました。
 それまで周囲にいた人が一人また一人と、彼から遠ざかっていく中で、この輪嶋さんが献身的に支え、再起不能と言われたべーさんに、日本で手術を受けさせました。

 世界初となる手術だったようです。執刀医の先生には「べーさんが歌声を取り戻せなかったら、これまで気づいてきた名誉に傷が付くだけだから、そんなリスクのある手術を引き受けるべきではない」と、周囲の反対がありました。

 でも、執刀医は「自分の名誉が惜しくて苦しむ患者を見捨てるわけにはいかない」と決心、手術をされました。
 そんな奇跡の復活を遂げた、べーさんの歌がこちらです。歌っている「愛のうた」は日野原先生の作詞作曲です。

| | 19:47 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」。鎌田實さんのブログで紹介されていた映画。観たいです!
http://synca.jp/biglittle/">公式サイトはこちらです。http://synca.jp/biglittle/



公式サイトの中で、「これから観る人に望むことは何ですか?」という質問に対する監督の返答を一部転載します。

 観客の皆さんに、自然との共生が無限の可能性を与えてくれるということが伝わればと願っています。
 こうした自然の能力は、数十億年に及ぶ進化の過程で完璧に磨き上げられてきました。そして、どんな時も私たちのために機能しています。 それに気づけなかったのは、私たちが他のことに気を取られすぎていたからかもしれません。

 また、本作が農業の1つのやり方を推奨したり、これが唯一の道だと押し付けたりするものだと受け取られるのは不本意です。
 むしろ、自然は私たちに多くの答えを教えてくれるということを信じてもらえるきっかけになればと心から願っています。
 その答えは一度には出てこないでしょう。土壌の劣化や砂漠化に関しては、長い時間をかけてここまで進行したことなので、抜け出すのもきっと時間がかかるはずです。
 すべての問題を解決するには、世代を超えて取り組む必要があります。

 しかし、子供たちが地球の持つ自然の免疫システムを脅さない道を進んでいけるように、今の世代がその基盤として正常に機能する土壌を残さなければなりません。
 困るのは地球ではないのです。ただ、人間にとって地球が住みやすい場所ではなくなるに過ぎません。



 四国では上映予定がないので、また大阪まで観に行きます。それにしても、鎌田實さんが紹介される映画って、いいんですよね。

| ひとりごと | 18:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『一途一心、命をつなぐ』

「経験を思いやりに変える」

 『一途一心、命をつなぐ』に書かれていました。



 この本の著者は上皇陛下の心臓手術執刀医の天野篤氏。天野医師がこれまで執刀した手術は8000例以上で、成功率は98%。そんな天野医師が医師になってからの歩みが書かれています。

 多くの手術をしているので、それだけ多くの患者さんと接してきています。スタッフも同様です。その中で、上手くいかなかったことや問題に突き当たるときがあります。
 そういう時は、「まず何が原因だったのかを探りあてる。そして、それに基づいて対策を講じることで二度と同じ問題を起こさないようにする。」

 そして、そこで得た経験を思いやりに変える。

 年配の方が検査の折に、失禁してしまった。どうしてそうなってしまったのか。検査が長くて、緊張していたのもあって、言い出せなかったのか。ならば、患者さんの様子を見て、適切に声を掛けていき、今後はそういうことのないようにしていく。

 例えば、そんなことです。

 経験を思いやりに変える。心に刻んでおこう。 

| 本・評論、新書、エッセイ | 18:20 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

 2019年のノンフィクション本屋大賞を受賞したブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読みました。



 引き込まれて一日で読み終えました。帯に、「自分たちの子どもや社会について考えざるを得なくなる」との高橋源一郎さんの言葉が記されている通りでした。

 カトリックの公立小学校から、地元の“元・底辺中学校”へ通うことにした息子。そこでは、毎日が事件の連続。人種差別、貧富の差、偏見等が渦巻く日常を生きる息子。
 その息子と共に悩み、考え乗り越えていく著者。そんな彼らの姿勢を、まぶしく感じました。

 子どもとしっかりと向き合い、話し合う。私自身がきちんとできていなかっただけに、まぶしく感じたのかも。
 
 多様性について、息子と話し合っているときに、著者が「楽ばかりしていると、無知になる」と息子に言います。
 それは、子どもとの関わりでもそうなんですよね。無茶苦茶忙しいわけではないけれど、かと言って時間が十分にあるというわけでもない。だから、子どもと何か話す時でも、私自身が楽になることを求めてしまう。だから、その結果、子どもは無知のまま、というわけではありませんが、でも、やはり世の中に関する意識は低い。

 
 著者が息子と話していて、その成長ぶりに「未来は彼らの手の中にある」と書いていて、さらに次のように書いていました。

 世の中が退行しているとか、世界はひどい方向に向かっているとか言うのは、たぶん彼らを見くびりすぎている。

 この指摘は心に刺さりました。私自身、同じように思っていたから。
 そのように思うのって、「これからを生きていく子ども達には、もう止められないだろう」って思っているところもあるからなのでしょうね。
 それに、そんなことを思うのだったら、感じているのだったら、そうならないように、なんとかするのが大人としての責務。

 
 他にも新たな気づきを与えられ、本の帯にもあるように、「読んだら、誰かと話したくなる」本でした。

| | 21:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日から

 訳あって長男が寮を出て、自宅から大学に通うことになりました。思うところがあって、長男と夕食後に聖書を読んだり、賛美をしたりすることにしました。

 今日がその第1回目。

あすのことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ。(箴言第27章)

 ある信仰書にはこの箇所について、次のように書かれていました。

 ともすると、明日があるからということで今日をいいかげんに過ごしやすい。
 私たちの人生は明日の積み重ねでなく、今日の積み重ねであることを思うと、今日を、今をいい加減に過ごすことは、いい加減な一生を送ることになってしまう。
 大事なのは今をどのように生きるかということ。


 
 似たような文言を何度も見聞きしてきましたが、日々の生活の中でついつい忘れてしまいます。
 
 私たちの人生は、今日の積み重ね。忘れずに。

| 本・信仰書、キリスト教 | 19:44 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「1個も2個も一緒よ」

 今日1/18も阪神淡路大震災で被災した方の証が掲載されていました。

 震災当時4歳だった男性は、あの地震で両親と兄を亡くし、4人家族でただ1人残された。震災後、親戚宅に一時身を寄せた後は、神戸市に住む祖母に引き取られた。

 その祖母が、男性が中学2年生の時に癌でこの世を去った。また、独りになった男性は、そのまま祖母と暮らした家で、一人暮らしを始めた。

 学校で昼食にパンを買って食べていると、そのことを知った同級生の母親が「1個も2個も一緒よ」と言って、毎日お弁当を作ってくれた。
 魔法瓶のような容器に入った温かい味噌汁が、特に美味しく感じた。

 遅刻しがちな男性の家に毎日のように電話をかけて、起こしてくれた担任教諭。
 落ち込む姿を見てUSJに連れて行ってくれた親戚、晩ご飯の用意や洗濯をしてくれた親戚。

 親戚や先生、友人、その家族。そんな周りの人の支えがあったから、一人前に生きてこられた。そう男性は言います。


 この記事を読んで、また涙してしまいました。特に、友達のおかあさんの「1個も2個も一緒よ」との言葉には感動しました。
 そして、そのお母さんが温かい容器にお弁当を入れているということに、思いやりの深さを感じます。
 このお母さんが、男性の状況を知ったのは、多分、このお母さんの子どもが彼の様子を伝えて、何とかしてあげたい、そんな気持ちを伝えたのではないかって思うんです。

 
 マザー・テレサは「愛の反対は、無関心」と言いました。それは「愛とは、関心をもつこと」とも言い換えられると、このお母さんたちの言動を通して思いました。

 「独りじゃないよ。私(達)がいるから」。そう言って支え合うことのできる世の中でもあるんですよね。

| 新聞記事 | 19:18 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT