FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

友人のポーランド旅行記

友人がポーランドへ旅行に行きました。その一番の目的はアウシュヴィッツ。
facebookにその様子を紹介していました。やはり本当に知りたいと思ったら、現地に行くのが一番。

彼女の訪問記から知ったこと。

「アウシュヴィッツ」というのは、ドイツ語の呼び名。本当の名は、「オシフィエンチム」。でも、「オシフィエンチム」とドイツ軍が発音しにくかったから、「アウシュヴィッツ」と呼ばれるようになったそうです。

ポーランドの人にとって、正しい名前ではなく、「アウシュヴィッツ」と呼ばれることについて、何か思うところはあるのでしょうか。それとも気にしないのかな?


驚いたのが、当時のヒトラーの支持率が33%だったということ。ヒトラーのしたことを思えば、ドイツの大半がヒトラーを支持していたと考えてしまいそうになりますが、実際には3分の1の支持率。半分にも満たない支持率で、あれほどの残虐非道なことができた。

権力というものが、それほどまでに恐ろしい力をもつことの証左でしょうか。


そして、思ったのが日本のこと。
アベ自民党は議会では大きな数の力を持っています。でも、投票率から得票率を考えると、その支持率は3割もないでしょう。

でも、日本が彼らの思うままに翻弄されていると感じる人は多いと思います。
彼らのやり方には、納得も承認も出来ない。でも、どうしようもできない。
あきらめなのか、自分を守りたいからなのか、自分には直接関係ないからなのか。
私なんかは、安全地帯から異を唱えるだけ。


ただ、そうであっても、おかしいことには、おかしいと感じられる、言える者でありたい。
関連記事

| 世の中のこと | 20:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

愛希穂さん、おはようございます。
ブログ訪問しながら自身の勉強にもなり、考えさせられます。
権力に立ち向かう、物申すことは、難しくなりつつあるように思います。
沖縄の知事は、日本の政権に対して、面と向かって戦っています。頑張って欲しいです。
また、ブログ訪問します。

| ぴーちゃん | 2016/09/29 08:57 | URL | ≫ EDIT

私の投稿、取り上げてくれてありがとう♡
ポーランドでは、学生の間に必ずアウシュビッツを訪問するそうですよ。日本も広島,長崎訪問を必須にすればいいのにね。
アウシュビッツを訪問する人の7割は15~25歳の若者だそうです。日本からももっと若者に行ってもらいたいな。ちょっと遠くてお値段も張りますが…。
今回、私が参加したツアーは年配者が多かったのですが、「死の壁」の前でポーズをとり、「写真撮って」と言われた時は、さすがに「それはちょっと…」と言ってしまいました。あまりに非常識でしょ?いい歳してもこんな人もいるんだね。情けなかったわ。

| きもにゃん | 2016/09/29 18:42 | URL |

ピーちゃん様

こんにちは。
翁長知事もそうですし、沖縄の方々も闘っていらっしゃいますよね。
辺野古のこと、高江ヘリパッドのことを思うと、どれだけ沖縄の人びとの思いを踏みにじるのかと怒りを覚えます。
沖縄には行ったことがありませんが、いつか行って、その現実をこの目で見たいと思っています。

| 愛希穂 | 2016/09/29 19:23 | URL |

きもにゃん

きもにゃんがアウシュヴィッツを訪問すると知って、私もいつかは訪れたいと思っている所だけに、いいなって思っていました。
> ポーランドでは、学生の間に必ずアウシュビッツを訪問するそうですよ。日本も広島,長崎訪問を必須にすればいいのにね。
そうだよね。戦争が生み出すものをその目で見る必要があると思います。
特に若い人たちに訪れて欲しいです。いろんなしがらみに縛られてしまう前にぜひとも。
> 今回、私が参加したツアーは年配者が多かったのですが、「死の壁」の前でポーズをとり、「写真撮って」と言われた時は、さすがに「それはちょっと…」と言ってしまいました。あまりに非常識でしょ?いい歳してもこんな人もいるんだね。情けなかったわ。
そんな人がいたんだ。そこがどんな所か知ってのことなのよね? 旅行中のこととは言え、場所をわきまえてほしいよね。
アウシュヴィッツと言えば、私たちが思い出すのは、コルベ神父様のことだよね。
以前に『アウシュヴィッツの囚人写真家』という本を読んだけど、そこでコルベ神父様のことが少しだけ書かれていたの。
アウシュヴィッツの囚人写真家であった人の体験を本にしたものだけど、その人が”アウシュヴィッツにも愛があった”って。
その愛の一つが、コルベ神父様なのだろうなって思います。もし時間があれば、これも読んでみて下さい。私は図書館で借りて読みました。

| 愛希穂 | 2016/09/29 20:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://mytribute12lord.blog.fc2.com/tb.php/2630-5385c48d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT