FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あからさまに責めるのは、

「あからさまに責めるのは、ひそかに愛するのにまさる。愛する者が傷つけるほうが真実である」(聖書 箴言27章5、6節)

困ったことに、叱られて救われるより、ほめられてダメになる方を選びたいのが、私たちです。真実は、痛みを伴います。自尊心を傷つけ、居心地を悪くし、変わりなさいと促します。本当の友ならば、相手を傷つけて嬉しいはずはありませんが、友だちを大切に思うので、嘘はつけないのです。向き合って、変わるべきだと薄々分かっているのに実行に移さないなら、真の友はそれを指摘してくれます。彼らは、聞きたいことだけではなく、耳を傾けるべきことも語ってくれます。



これは、聖書を読む時のお供の小冊子「Daily Bread」に先日掲載されていたメッセージです。

「聞きたいことだけではなく、耳を傾けるべきこと」を聴ける自分でありたいと思います。そういうものは、聴いていてズキッとすることが多いと思うけれど。

そしてまた、必要な時には耳に痛い言葉であっても、友人に語ることができる者に。でも、これは難しいことだと思います。友人の反応が怖いから。自分に返ってくる言葉が怖いから。でも、本当に必要な時には、言わなければいけないことは、言わなくてはいけない。
関連記事

| 聖書・信仰 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://mytribute12lord.blog.fc2.com/tb.php/2669-0632a2ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT