FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

祈り

 「コロナ禍を生きる」と題して、奥田知志さんと若松英輔さんの対談がyoutueでライブ配信されました。
 
 対談の中で、若松英輔さんの次の言葉が特に響きました。

 最も熱を帯びた行為は祈り。祈りは自分が弱いという認識からしか始まらない。

 “弱さ”は“祈り”へ、そして“愛”へ。




 今日のこの対談は、素適なBirthday Present。
関連記事

| 今日の出来事 | 22:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

愛希穂さん、今日が誕生日なんですか?
おめでとうございます!!
いくつになっても、誕生日は「今日まで生きてこられて感謝しています」と思うものですね(自分に言い聞かせてます笑)。
動画、長そうなのでまだ観ていませんが、若松氏の言葉は(著書でも)静かに染みてきますよね。こういうときって、にぎやかなものより、静かなものに心が安らぎます。
ではでは、良き一年になりますように☆

| 馬場亜紀 | 2020/05/20 16:42 | URL |

馬場亜紀様

亜紀様、
ありがとうございます。
昨日が誕生日でした。

>誕生日は「今日まで生きてこられて感謝しています」と思うもの

 はい。本当にその通りだと思います。生かされている。そのことを強く感じます。

若松英輔さんの言葉は心に沁みますよね。
ツイッターで若松英輔さんは結構発信をされているのですが、「詩人のようなことばかり呟いて」というような投稿を誰かがしていて、それに、「はい、私は詩人なので」みたいな返信をされていたのが印象に残っています。

良き一年にしていきたいです。

| 愛希穂 | 2020/05/20 18:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT