FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

若松英輔さん著『詩集 愛について』

『詩集 愛について』



 図書館の新刊本コーナーにあって、“若松英輔”との著者名を見て、迷わず手に取りました。
 とてもとても素適な詩集。
 紡がれている言葉の背景に、若松英輔さんのこれまでの日々が感じられて、愛しみ、哀しみが静かに心に響き渡ります。
 そしてまた、その言葉を味わい、思い巡らせると、それだけで優しくなれそう。

 手元に置いておきたくて、購入することにしました。
 装丁もとても素適。真っ赤な背景に、私のために作られたのかと思うほど。

 一番最初の詩を転載させていただきます。
愛とは
何かなど
改めて
考えずに
生きるなか
静かに
育まれる
熾盛な
悦び


関連記事

| | 19:43 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私の為に・・・。

いいですね。
自分の感性にがっちりあった詩集と出会えるって・・・。
なかなか出会えないと思います。
素敵な出会い 何よりもうれしいですよね。

すみません。
今日の内容から大きく離れてしまうのですが・・・。
「言葉の品格」 図書館から連絡をいただいたので やっと読めそうです。楽しみで仕方ないです。

愛希穂さんに伝えていただいた
言葉の品格 言葉の帰巣本能 温度 心に刺さっています。
ありがとうございます。

| アンパンウーマン(MGかーさん) | 2020/06/01 15:25 | URL |

アンパンウーマンさん

若松英輔さんの著作は好きなんです。
この詩集を読んでいると、アンパンウーマンさんもこの詩に共感してくださるんじゃないかなって、強く感じました。
若松英輔さんは数年前に亡くなった奥様のことを想って、この詩を書いているとんじゃないかなって感じます。
だから、哀しみ、切なさを痛いほどに感じるのですが、でも、想いが深くて、聖らかで引き込まれます。

『言葉の品格』、楽しみに読んでください。
気に入って貰えると嬉しいです。♡

| 愛希穂 | 2020/06/01 18:22 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT