FC2ブログ

Crescent~小さくても光を受けている。きっと誰かに愛されているから~

本や子ども、聖書のこと、日々の徒然を書きます。トップの画像はその時々で変わります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

♪「地球星歌」

3年前、当時勤めていた小学校で4年生が歌った合唱曲「地球星歌」。
歌詞もメロディーも素適なのです。



誰にでも、私にも、あなたに 愛する人がいる。かけがえのない大切な人がいる。
誰の心にも 大切な場所がある。目を閉じれば、鮮やかに蘇る、思い出がたくさん詰まった場所がある。
肌の色が違っても、話す言葉が違っても、国が違っても、誰にでもそんな大切な大切な人がいて、場所がある。
誰にとっても、この地球のどこかの場所は、大切なふるさと。守りたい場所。

だから、傷つけない、汚さない。

「あなたの毎日が世界を創り・・」と言われても、「それはちょっと言い過ぎでは・・・」という思いもあるけれど、そのような思いで過ごしていくなら、惰性で過ごしていた毎日を、もっと大切に過ごしていくのだと思う。

「人は、過去から未来に、前に向かって歩いて行くものだと思っていたけど、
 本当は木の年輪みたいに、全部抱えて生きていくのね。」

と、絵本作家の あまんきみこ さんが朝日新聞インタビューで答えていましたが、この歌詞と通じるなと思います。

そして、刻まれている年輪が愛で満ちていたら、どんなに素晴らしいかと思います。


♪歌詞

この青空は きっと続いてる
遠い町で誰かが 見上げる星空に
あなたの夢は きっと続いてる
遠い国の野原で 輝く虹に

 あなたの毎日が 世界を創り
 愛する想いが 地球へと広がる
 私は祈る 明日のために
 まだ見ぬ あなたの笑顔のために


あなたがひとり 見上げる月を
遠い海のクジラが 見つめ返している
もしも夜空に 鏡があれば
地球のみんなの 顔が見えるだろう

 あなたの毎日が 世界を創り
 愛する想いが 地球へと広がる
 私は祈る 明日のために
 まだ見ぬ あなたの笑顔のために


この小さな手でできること
見えない糸をたどって
全てを感じること


そう誰にでも 愛する人がいる
誰の心にも 大切な場所がある
さあ その気持ちを無限に広げて
この星をぜんぶ ふるさとと言おう

 あなたの毎日が 世界を創り
 愛する想いが 地球へと広がる
 私は祈る 明日のために
 まだ見ぬ あなたの笑顔のために

いつの日か出会う
その日のために

関連記事

| 心に響いた言葉 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://mytribute12lord.blog.fc2.com/tb.php/569-feebc9d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT